航空整備士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

航空整備士になるには

航空機の100万点にも及ぶ部品を点検・保守する

 航空整備士とは、飛行機やヘリコプターが安全に空を飛べるように整備・点検・修理する仕事です。  航空整備士になるには、国家資格が必要となるため、専門学校などで学ぶのが一般的です。整備・点検・修理の内容や飛行機・ヘリコプターの種類により、いろいろな種類の資格があります。  就職先としては航空会社や整備会社、航空機を使用する会社のほか、自衛隊や警察、消防などがあります。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

航空整備士になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

自動車・航空技術系(航空技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)