大学生に聞きました!受験勉強のモチベーションの上げ方 高校生ランキング レポート
高校生ランキング レポート 「高校生活」を楽しく、充実したものに。
  • 大学生に聞きました!受験勉強のモチベーションの上げ方

    勉強・受験

    2021.09.27

    高校生のみなさんは、受験勉強のモチベーションはどうやって上げていますか?

    「勉強する気がしない」「勉強しててもスマホが気になる」など、モチベーションが上がらなかったり、維持できなかったりすることもありますよね。

    そこで、大学生の先輩に「受験勉強のモチベーションを上げるためにしていたこと」を聞きました!良かった方法は、その内容を教えてもらったので参考にしてみてね★

    受験勉強のモチベーションの上げ方

    Q.受験勉強のモチベーションを上げるためにしていたことは?(複数回答)

    1位 志望校合格を強く願う
    2位 合格後の大学生生活をイメージする
    3位 図書館や自習室を利用する
    4位 勉強の息抜きを上手に行う
    5位 友だちと話す
    1位 合格後の大学生生活をイメージする
    2位 友だちと話す
    3位 図書館や自習室を利用する
    4位 志望校合格を強く願う
    5位 勉強の息抜きを上手に行う

    1)合格後の大学生生活をイメージする

    ・大学のパンフレットを時に見ながら、合格後の大学生活に思いを馳せ、モチベーションを引き上げた(私立大学2年・理系・男子)
    ・モチベーションが下がってきた時は、オープンキャンパスに参加した(私立大学1年・文系・女子)
    ・口コミやホームページなどで公開されている大学の様子を見る(私立大学2年・文系・男子)
    ・大学生生活の1日のスケジュールなどを雑誌やYouTubeで見る(私立大学1年・理系・男子)

    「合格後の大学生生活をイメージする」良かった方法として、「大学のパンフレット」や「オープンキャンパス」などを見て、行きたい大学でのキャンパスライフに思いを馳せ、モチベーションアップさせていた先輩が多く見受けられました。

    また、「口コミやホームページ」「雑誌やYouTube」などでも、大学の様子を見たり、大学生活の1日のスケジュールを見たりしていた先輩も見られました。

    「大学のパンフレット」を勉強机に置いておいて、モチベーションが下がってきたと感じたら、パンフレットを見てキャンパスライフへのワクワク感を持つとよいですね!

    2)志望校合格を強く願う

    ・机に志望校を書いた紙を貼る(私立大学1年・文系・女子)
    ・机周りに合格と書いた紙をたくさん置いた(私立大学1年・文系・女子)
    ・自分の机の上にある棚に御守りを掛けて、それを見て祈った(私立大学1年・文系・男子)
    ・友人や先生に受ける大学名を自ら言っておくことで、やる気がでる(言霊)(国公立大学2年・文系・女子)

    「志望校合格を強く願う」良かった方法では、「志望校を書いた紙」「合格と書いた紙」などを目に付くところに貼り、モチベーションを上げてた先輩の様子が窺えました。

    「志望校を書いた紙」「合格と書いた紙」をチラリと見れば、書いた時の「絶対行くんだ」という気持ちが蘇ってきます。

    「受ける大学名を自ら言う」ことで、意識が自然と「大学」に向けられ、また友人や先生など周囲の人からも励ましてもらえたりと、モチベーションアップに繋がりますね!

    3)図書館や自習室を利用する

    ・自習室に行く。行けば自動的に勉強する(私立大学1年・理系・男子)
    ・周りの人が勉強してるのでおのずとやる気が出てくる(国公立大学1年・理系・男子)
    ・図書館に行くと勉強しかすることがないので自然とやる気が出る。勉強したくない日でも図書館に行くと何故かノートを開いている(私立大学1年・文系・男子)

    「図書館や自習室を利用する」ことで、みんなが勉強しているから「おのずとやる気が出てくる」「自分もやらなければと思える」など、自然とモチベーションを上げられたようです。

    「勉強したくない日でも図書館に行くと何故かノートを開いている」と、「図書館に行く=勉強する」がインプットされ、勉強に取り組む先輩の様子が窺えました。

    自宅では勉強に集中できない時には、図書館や自習室に行ってみるのもオススメです!

    4)友だちと話す

    ・進学後のイメージや、やりたいことなどを話してモチベーションを上げる(私立大学3年・文 系・男子)
    ・休憩時間に友達と話すことで、意識の高い友達に触発された。息抜きとして友達とのコミュニケーションが役に立った(国公立大学3年・理系・男子)
    ・学校の10分の休み時間は友だちと喋る(私立大学1年・理系・女子)

    「友だち」とは、「進学後のイメージや、やりたいことなど」を話したり、「意識の高い友達に触発された」りと、同じ受験生同士の会話でモチベーションが上った先輩が多く見受けられました。

    「学校の10分の休み時間」や、電車通いの時、塾の帰り道など、ちょっとした時間に友だちと会話をする時間があればリラックスしたり、心が晴れたりしますよね。
    受験勉強の期間は長くて、不安に感じたり、悩んだりすることもあります。そんな時は、同じ受験生の友だちと、絆も深めながら乗り切っていきたいですね!

    5)勉強の息抜きを上手に行う

    ・何時間勉強すれば少しテレビを見るなどの休憩(私立大学1年・理系・男子)
    ・60分勉強したら一曲好きな音楽を聴く、というのを繰り返してモチベーションを保ちました(私立大学4年・文系・女子)
    ・やる時はやる、休憩は休憩とアラームをセットしていた(国公立大学2年・理系・女子)

    「勉強の息抜き」の良い方法では、「何時間勉強すれば少しテレビを見る」「60分勉強したら一曲好きな音楽を聴く」など、勉強と休憩をリズム良く繰り返していた先輩が多く見受けられました。

    「アラームをセット」して時間を管理すれば、時間を気にすることなく勉強に集中できて良い方法ですね。息抜きの方法では、筋トレや運動、散歩なども見られました。

    勉強と休憩のリズムが身に付けば、だらだら休憩したり、集中が切れた状態で勉強してしまうことを防ぐことができて、効率的に勉強ができますね!

    6)やる気が出る音楽を聴く

    ・この曲を聞いたら始めるなど、モチベーションになる決まりを決めていました(私立大学4年・文系・女子)
    ・弱気になったら聴くようにしていた(私立大学1年・文系・女子)
    ・音楽を聴きながら歌い、ストレス発散(国公立大学4年・理系・女子)

    「やる気が出る音楽」では、「この曲を聞いたら始める」と勉強を始めるルーティーンにしたり、「弱気になったら聴く」と気持ちが下がった時にやる気が出る音楽を聞く先輩が見受けられました。

    「音楽を聴きながら歌い、ストレス発散」するなど、声を出してスッキリしてから勉強に取り組んでいた先輩も見られました。

    高校生のみなさんは普段から音楽をよく聞くと思いますが、「この曲を聞いたら勉強する」「この曲は自分の応援ソング」など決めておくと、モチベーションを上げるのに役立ちそうですね!

    7)勉強目標やスケジュールを達成していく

    ・目標の成績を明確に定める(私立大学1年・文系・理系どちらでもない・女子)
    ・模擬試験を目標にして計画をたてていた(私立大学4年・理系・男子)
    ・教科毎に一日のノルマを決めて、毎日達成していった(私立大学2年・文系・理系どちらでもない・女子)

    「勉強目標やスケジュールを達成していく」には、まず「目標の成績を明確に定める」ことが重要。受験勉強は長期戦なので「模擬試験を目標に」計画を立てると、目標設定・結果確認・改善が短いスパンで行えてより良いですね。

    スケジュールや勉強進捗は、紙やスマホなどに記録して見える化しておくと分かりやすく、「毎日達成」すると自信に繋がっていきます。

    また、計画は予定通りに進まないこともありますので、週末に予備日など調整日を作っておけば、遅れの挽回や、気になるポイントのチェックなどができて柔軟に対応できますよ!

    8)勉強のご褒美を設定する

    ・模試で目標を設定してそれを達成したら自分にご褒美をあげていた(私立大学1年・文系・男子)
    ・朝から自習室や図書館に行って勉強して、その帰りにコンビニで好きなお菓子をひとつ買った(私立大学1年・文系・女子)
    ・一日の終わりに好きなドラマを見ることで心をリフレッシュさせていた(国公立大学4年・理系・女子)

    「勉強のご褒美」は、「模試で目標を設定してそれを達成したら」や「朝から自習室や図書館に行って勉強」したらなど、先輩毎に工夫して設定している様子が窺えました。

    また「ご褒美」の内容は、「コンビニで好きなお菓子をひとつ」や「好きなドラマ」、ゲームなど、手軽なものが多く見られました。

    勉強を集中して頑張って「今日も1日頑張りました」と、自分の頑張りを労う時間を持つと満足感を得られて良いですね!

    9)勉強の仲間やライバルを作る

    ・同じ予備校の学生と試験などで競争できたことがモチベーションに繋がりました(国公立大学4年・理系・男子)
    ・切磋琢磨し合う人がいることはとてもやる気が上がるから(私立大学2年・文系・女子)
    塾でいちばん成績が良かった子をライバルに設定し、彼のやり方のいいところを真似た(私立大学3年・文系・男子)

    「勉強の仲間やライバル」には、「同じ予備校の学生」や「塾でいちばん成績が良かった子」などを設定していた先輩が見受けられました。

    「彼のやり方のいいところを真似た」など、成績を上げている人の勉強方法や取り組み方をお手本として真似ることは、効率的で良い方法ですね。

    勉強の仲間やライバルがいれば、みんなも日々勉強しているから、それに負けないためには自分も勉強しなければという意識になりますね!

    10)学校の先生と話す

    ・各教科の先生方の体験談を聞き、アドバイスを頂いた(私立大学1年・文系・女子)
    ・先生と話す中で、どうしてその学校に行きたいのかが明確化され、今何をすることが必要なのかがハッキリした(私立大学2年・理系・女子)

    「学校の先生」には、「体験談を聞き、アドバイス」をもらったり、「今何をすることが必要なのかがハッキリした」など、先生の力を借りたという先輩が見られました。

    もし学校の先生に聞きに行くのは恥ずかしいと思っている高校生がいたら、ぜひ勇気を出して聞きたいことを先生に聞きに行ってみましょう。

    後で、「先生に聞きに行けば良かった」と後悔するよりは、恥ずかしくても聞きに行く方がいいと思います!

    あとがき

    いかがでしたか?モチベーションは上がったり、下がったりするもの。大学生の先輩たちも、工夫してモチベーションを上げていたことが分かりますね。ちなみに私は、学校の図書館や塾の自習室の利用、時々のハーゲンダッツのご褒美で受験勉強を乗り切りました★



    関連ページ
    ・「合格後の学生生活をイメージする」ための学校案内パンフレットをもらおう!
    「学校パンフレット請求」はこちら


    ・オープンキャンパスに参加して、キャンパスライフを体験しよう!
    「オープンキャンパス検索」はこちら



mixiチェック 友だちに知らせる

ページトップへ

憧れの大学の一番偏差値の低い入試を見つけることができる受験コンシェルジュ

高校生・大学生のための成功体験物語・OBOG取材

プレゼントキャンペーン

オープンキャンパス特集