高校生の好きな小説家・住野よるさん オススメ小説をご紹介! 高校生ランキング レポート
高校生ランキング レポート 「高校生活」を楽しく、充実したものに。
  • 高校生の好きな小説家・住野よるさん オススメ小説をご紹介!

    ライフ

    2022.11.29

    みなさんは、誰の小説が好きですか?どんな小説が好きですか?

    高校生のみなさんに、好きな「小説家・作家」を聞いたところ「住野よる」さんが女子2位、男子3位にランクイン!男女ともに人気のようです!

    そこで、高校生に教えてもらった住野よるさんのオススメ小説をご紹介!気になる小説があったらチェックしてみてくださいね★
    ※下記、画像をクリックするとAmazonの詳細ページにリンクします。

    「住野よる」さんのご紹介

    <高校生オススメ小説>

    1.君の膵臓をたべたい


    高2・山口県・男子/高1・岩手県・女子など

    2.また、同じ夢を見ていた


    高2・岐阜県・女子/高3・宮崎県・女子など

    3.か「」く「」し「」ご「」と「


    高3・大阪府・男子/高1・茨城県・女子など

    4.青くて痛くて脆い


    高2・愛知県・男子

    多くの高校生が、きっと共感する「青春小説」!

    小説投稿サイトに投稿した「君の膵臓をたべたい」をきっかけにデビュー。「キミスイ」とも呼ばれ、大ベストセラーに。清涼感あふれる青春小説が多く、高校生のみなさんにも人気ですよね。

    多感な若者の心情や、甘酸っぱい青春がリアルに描かれ、高校生が共感できる内容。自分を客観的に捉えたり、他者を思いやり、接し方を見つめ直すヒントが得られるかもしれません。

    また、散りばめられていた伏線が徐々に明らかになり「そうだったのか」と分かる楽しさや、思わす笑ってしまうユーモア、ファンタジー要素も織り交ぜられ、読み始めると一気に読んでしまいます。高校生のみなさんにオススメです!

    1.君の膵臓をたべたい

    君の膵臓をたべたい(双葉文庫)
    story
    病院で、クラスメイト・桜良のヒミツの日記「共病文庫」を拾った高校生の「僕」は、桜良が膵臓の病気で、余命わずかなことを知る。「僕」は桜良と行動をともにするようになり、正反対の2人の心が通い合いはじめます…

    タイトルの意味に、思わず涙する。

    住野よるさんのデビュー作「君の膵臓をたべたい」は、実写映画化、劇場アニメ化もされ、広く知られる感動作。人との関わりを避けてきた僕は、元気で明るい桜良と共に過ごしていくことで、徐々に気持ちが変化していきます。

    キラキラとした桜良と僕の甘酸っぱいやりとりが爽やかで、また、ふざけ合っておしゃべりする様子は面白く、楽しい気持ちになります。桜良のことを大切に思う友だちや、両親とのやりとりには、きっと共感するところもあるでしょう。

    タイトル「君の膵臓をたべたい」の意味を知ると、切なくも温かい感動が押し寄せます。また、桜良の生きることに対する真摯な姿勢に、今を一生懸命に生きる、高校生みなさんへのエールも込められているように感じます!

    2.また、同じ夢を見ていた

    また、同じ夢を見ていた(双葉文庫)
    story
    小柳奈ノ花は、「人生とは〜」が口癖の、少しおませな小学生の少女。少女は、ある日、一匹の猫に出会い、その出会いから様々な過去を持つ3人の女性たちと出会っていく。「幸せとは」探しの物語…

    「幸せとは何か」を問う、心温まる物語。

    住野よるさんの2作目「また、同じ夢を見ていた」は、マンガ化もされた作品。賢くおませな奈ノ花は、学校では周囲から浮いてしまう存在。学校の外では、一匹の猫、3人の女性の友だちと、一緒に過ごすのが日課です。

    奈ノ花は、自分が正しいと思うままに発言や行動をするも思わぬ結果に。自分の思いや、周囲の反応について、思い悩みます。女性たちとの交流を通して大事なことに気づいていき、また「幸せとは何か」の考えを深めていきます。

    純粋でまっすぐな奈ノ花の発言には、ハッとさせられたり、共感したりします。少女がたどり着いた「幸せとは何か」。時空を超えるような不思議なファンタジー要素も加えられ、一気読みしてしまう、心温まる物語です。

    3.か「」く「」し「」ご「」と「

    か「」く「」し「」ご「」と「(新潮文庫)
    story
    少しだけ特別な力があり、自分だけのかくしごとを持っている高校生のクラスメイト5人の男女。それぞれが持つ特別な力のせいで、お互いがもどかしかったり、それぞれへの想いがあったり…

    クラスメイト5人の、爽やかさ溢れる青春小説!

    住野よるさん4作目、か「」く「」し「」ご「」と「。高校のクラスメイト5人の、爽やかさ溢れる青春小説。それぞれ自分だけの特別な力を持っていることは隠しながら、高校生活を楽しみ、人間関係に悩み、友情や愛情を育んでいきます。

    5人の個性はバラバラ。男子は、地味な京くん、クラスの人気者ヅカ。女子は、元気なミッキー、パッパラパーなパラ、内気なエル。それぞれの視点で心情が描写され、自分と近い人物の心情に、共感しながら読み進められるのが魅力です。

    友達に気を使いすぎて逆にぎくしゃくしてしまったり、自分の思いと違う言動をしたことに罪悪感を感じたりと、高校生活で感じるような様々な悩みを乗り越えて、それぞれが前へと進んでいきます。高校生のみなさんに、読んでいただきたい爽やかな1冊です!

    4.青くて痛くて脆い

    青くて痛くて脆い(角川文庫)
    story
    大学1年の春、僕・田畑楓は秋好寿乃に出会う。人との距離感を一定に保ちながら過ごす楓は、空気を読まない発言をする純粋な秋好と秘密結社「モアイ」を作る。3年が経ち、あの時、理想を語りあった秋好はもういない…

    就職活動を終えた大学生の、最後の青春の物語。

    住野よるさん5作目「青くて痛くて脆い」は、実写映画化もされました。理想を持つ秋好の情熱に感化され、楓は2人で秘密結社「モアイ」を結成。3年が経ち、あの時の秋好はもう・・・。就職活動を終えた楓は、秋好の嘘を本当にしようと行動を起こします。

    高校生のみなさんも、思い込みや視野の狭さで周りが見えなくなったり、自分が正しいと思ったことが実はそうではなかったという、苦い経験があるかもしれません。楓の言動には、そんな青春の苦さも感じられるでしょう。

    きらめく大学のキャンパスライフの描写と共に、傷ついたのは自分のはずなのに、他者を傷つけてしまうなど、若い残酷さが痛烈に描かれます。もがきながらも前に進んでほしい、失敗してもやり直せると、みなさんへのエールも感じられる1冊です!

    あとがき

    いかがでしたか?住野よるさんの小説は、若者の人間関係や、揺れ動く心情が分かりやすく描かれ、目に見えない他者の想いを想像するのに役立ちますね。同じ本も、再度読むことで理解が深まり、感じ方も変わっていきます。小説を通して他者を思いやる想像力を高め、やさしい人になれたらいいなと思います★


    関連ページ
    ・高校生の好きな小説家・辻村深月さん オススメ小説をご紹介!

    ・歴史上の人物・出来事がテーマの「歴史マンガ」ランキング

mixiチェック 友だちに知らせる

ページトップへ

憧れの大学の一番偏差値の低い入試を見つけることができる受験コンシェルジュ

高校生・大学生のための成功体験物語・OBOG取材

プレゼントキャンペーン

オープンキャンパス特集