リベラルアーツ学群

人文科学、社会科学、自然科学を横断する「知」を学び、
多角的な視野と柔軟な思考力を養う

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
リベラルアーツ学群
この学部・学科の資料をもらう
 
リベラルアーツ学群の学科・コース・専攻一覧
専攻プログラム
  英語学・英文学
  中国言語文化
  日本語日本文学
  日本語教育
  言語学
  コミュニケーション学
  現代・世界文学
  キリスト教学
  宗教学
  哲学
  倫理学
  文化人類学
  歴史学
  アメリカ地域研究
  アジア地域研究
  日本地域研究
  国際関係
  国際協力
  社会学
  国際経済
  ビジネスエコノミクス
  公共政策
  メディア(ジャーナリズム)
  博物館学
  心理学
  教育学(教職教育)
  数学
  物理学
  化学
  生物学
  地球科学
  情報科学
  環境学
 
リベラルアーツ学群の特長
取得資格

中学校教諭1種免許状(英語、中国語、国語、社会、理科、数学)、高校教諭1種免許状(英語、中国語、国語、情報、公民、地歴、理科、数学)、認定心理士、健康心理士、学校図書館司書教諭、博物館学芸員、ECO-TOPプログラム など

就職状況

■就職率95.5%(2018年3月卒業生実績)
卒業生は学んだ分野も広く、特定の分野ではなく様々な業界で活躍しています。

主な就職先

積水ハウス株式会社、住友不動産販売株式会社、デリカフーズ株式会社、株式会社コーセー、相模鉄道株式会社、全日本空輸株式会社、ANAエアポートサービス株式会社、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド、全日本食品株式会社、株式会社大塚商会、株式会社三越伊勢丹、株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社横浜銀行、多摩信用金庫、丸三証券株式会社 など(2018年3月卒業生就職実績)

カリキュラム

総合的な学術教育に重点を置き、「言語・文学」「人文科学」「地球研究」「社会科学」「心理・教育」「数学・理科」「情報・環境」の7つの学問分野をカバーする33の専攻プログラムを用意しています。リベラルアーツ学群で用意されているプログラムは、「多様性」と「専門性」を同時に追究することをその特長とし、専門的に学んでいく主専攻「メジャー」のほか、副専攻にあたる「マイナー」を組み合わせた「メジャー・マイナー」やメジャーを2つ組み合わせた「ダブルメジャー」など、自分の関心や将来の目標に合わせて「自分らしい学び」を創ることができます。2年次の秋学期に自分が専門的に学んでいく専攻を決定します。

施設・設備

■町田キャンパス
東京都町田市にある町田キャンパスがメインキャンパスです。四季折々に多彩な表情を見せる豊かな自然。春には学校名にもある「桜」がきれいに咲きます。それはまた、勉学に最適の環境でもあります。
その特長は「門や柵がない」ことで、誰にでも広く開かれていることを象徴し、国境や文化を越えて学ぶ姿勢を表現しています。
構内にある建物には、それぞれ聖書や中国の故事などから、桜美林学園の歴史や創設者の願いが込められた名前がつけられています。
最寄り駅は、淵野辺駅。バスでアクセスできます。

■国際寮・第二国際寮
世界十数ヶ国からの留学生と日本人学生が共同生活を送る学生寮です。ここでは学生の自主的な管理運営を目指しているため、レジデント・アシスタントを配置し、寮の運営補佐や寮生の各種相談に応じるほか、クリスマス会、高尾山ハイキングなどのイベントも企画・実施しています。各部屋にはトイレやシャワールーム、キッチンスペースを完備し、海外から来日する留学生が安心して暮らせるよう冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品もあらかじめ設置してあります。

独自の学習システム

■アドバイザー
学生一人ひとりの学習に関する指導をアドバイザーとして専任教員が担当しています。学生の履修登録と成績を絶えずモニターし、1学期に最低1回は指導や助言を行っています。学生の興味・関心、将来の夢や目標に応じ、着実な学習の進め方について一緒に考えていきます。

就職指導

学生が主体的に進路を考え、選択できる能力の育成に重点を置き、入学時から一貫したキャリア教育を実施、各種ガイダンスや資格講座・業界別対策講座、さらに約500社の企業担当者が訪れる学内合同企業説明会などを実施しています。また、キャリアアドバイザーが常駐し、3年次秋学期より就職や進学など学生の多様な希望に応じて個別指導にあたります。

留学制度

34ヶ国・地域、160を超える海外提携校・機関との幅広い国際交流を展開し、749人(2018年2月現在)の学生が留学しています。
■長期プログラム
長期プログラムは、海外提携校に1学年間、または1学期間留学するプログラムです。計画的な履修・留学計画を進めることで、4年間での卒業が可能です。

■短期プログラム
夏休み、春休みを利用した2~3週間のプログラムです。語学研修のほか、インターンシップ、語学研修&インターンシップ、国際ボランティアなどがあります。

■グローバルアウトリーチプログラム
リベラルアーツ学群の学生であれば誰でも参加可能な留学プログラムです。1年次の秋学期もしくは2年次の春学期にアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、 ニュージーランド、中国、韓国のいずれかに留学できます。大学生活の早い時期に世界に触れ、語学力の必要性を実感することで、語学学習への意欲が高まります。また、異文化の中での生活を通じて、自己理解を深めると共に、柔軟性を身につける目的もあります。

 
インタビュー
大城 すみれ さん

在学生 大城 すみれ さん(リベラルアーツ学群 英語学・英文学専攻プログラム 4年)

私の研究テーマは、「日本とイギリスの子ども番組の比較」。両国の子ども番組の内容を分析することで、教育スタイルやコミュニケーション方法の差異を明らかにしようとしています。調査を進めているうちに、番組のナレーションを最小限に抑えている日本に対し、多民族国家のイギリスでは対話的なナレーションを多用し、「言葉」によるコミュニケーションを重視していることがわかりました。言語から、その国の文化や社会背景が見えてくる。そんな学びが、この専攻の魅力です。

梅原 一樹さん

在学生 梅原 一樹さん(リベラルアーツ学群 国際協力専攻プログラム 4年)

3年次の夏、カンボジアに2週間滞在し、孤児院の手伝いをしてきました。体育や美術の授業がないカンボジアの子どもたちのために、運動会やダンス、工作の授業などを実施。遊んでいるときは、協調性や他を尊重する気持ちを持ってもらうよう気を配りました。遊びのあとは、掃除や後片付けを手伝うように促すことも忘れません。何日も共に過ごすうちに子どもたちにも挨拶や礼儀の大切さが伝わったようで、小さな感動を覚えました。今後は、私の得意としている野球やスポーツを取り入れた国際協力に力を注いでいきます。

 
学べる学問
  • 外国語学
  • 外国文学
  • 日本文学
  • コミュニケーション学
  • 歴史学
  • 哲学
  • 地域研究
  • 心理学
  • 国際関係
  • メディア(ジャーナリズム)
  • 教育学
  • 数学
  • 生物学
  • 環境学
  • 社会学

 

目指せる職業
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 銀行員
  • 公認会計士
  • 証券会社
  • 保険会社
  • 環境コンサルタント
  • 広報・宣伝
  • 販売
  • 新聞記者
  • ジャーナリスト

桜美林大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758

TEL.042-797-1583 

ホームページ http://admissions.obirin.ac.jp/
E-mail info-ctr@obirin.ac.jp
ページの先頭へ

桜美林大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※入学案内は随時受付中

-

●入学案内
※入学案内は随時受付中

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで桜美林大学の情報をチェック!