かながわこうか

神奈川工科大学

(私立大学/神奈川県厚木市)

資料請求

願書請求

応用バイオ科学部

創立50周年の実績。力と自信がつく教育を実践。
21世紀の生命科学を担う人材、健康・栄養指導の実践を担う管理栄養士を養成します

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
応用バイオ科学部
この学部・学科の資料をもらう
 
応用バイオ科学部の学科・コース・専攻一覧
応用バイオ科学科
  健康・医療バイオコース
  環境バイオコース
  食品バイオコース
  植物バイオコース
  バイオ化粧品コース
  バイオ総合コース
栄養生命科学科 [管理栄養士養成課程]
 
応用バイオ科学部の特長
卒業後、就職について

■就職率97.9%の実績(2017年3月卒業生)
就職実績と聞くと、就職率だけを思い浮かべる人も多いと思います。しかし、たとえ就職率が高くても、その企業に就職できて本当によかったと感じている学生が少なかったり、就職した会社を短期間で辞めてしまうOBが多かったりするようでは意味がありません。つまり、真の就職実績とは、就職率だけではなく、学生の就職に対する満足度、OBの離職率、企業からの期待度等を総合的に分析したものでなければなりません。
そして本学はこれらのすべての項目において、確かな実績を残しています。厳しい就職状況の中、2017年3月卒業生の就職率は97.9%でした。進学者を含めた進路決定率は、全国平均を大きく上回っています。不況下においても確たる就職実績を残すことができるのは、本学から巣立った学生たちが社会で通用する実力を備えているからです。

■万全の就職サポートシステム
神奈川工科大学では、就職スタッフや卒業研究指導教員、学科就職委員、キャリアアドバイザーが一丸となって学生の就職をサポートしています。就職情報の入手や就職指導、模擬面接、学生からの相談の対応など、それぞれの部署が連携を取りながらきめ細かいサポートを行っています。

●キャリア就職課スタッフのサポート
就職スタッフには、工科系の単科大学としてはかなり多い7名の就職担当の職員が配属されています。就職支援システムの構築、会社訪問、就職情報の入手、そして学生の面談など、学生一人ひとりの希望を満たす就職の実現に力を入れています。
就職試験時期や履歴書、エントリーシート、面接試験などのアドバイスを受けるため、キャリア就職課に何度も足を運ぶ学生も少なくありません。

●卒業研究指導教員のサポート
学生が自分で選んだ研究室の卒業研究指導教員は、研究指導のみならず、就職に関してのアドバイザーでもあります。卒業研究生(4年生)の就職指導をしてきた経験と個人で持つ会社の情報などが豊富であり、また、学生一人ひとりに接する時間が十分にあるので、学生の個性に合ったアドバイスをすることができます。中には、就職活動をしている学生から毎日活動状況の報告を受け、それに対するアドバイスを続ける教員もいます。

●学科就職委員のサポート
学科ごとに設置されている就職事務室は、教員の就職委員2名と就職関係の職員1名が担当しています。各企業の求人情報、キャリア就職課で入手した情報などは、タイムリーに各学科の就職事務室に提供され、学生の就職支援に活用されています。 事務室は各学科の研究室棟にあるので、卒業研究生(4年生)が気軽に立ち寄ることができます。

●キャリアアドバイザーのサポート
キャリアアドバイザー制度とは、本学の卒業生が多く就職する業界で活躍された方をアドバイザーに迎え、業界の理解、職種の理解を深め、自分の適性に合った就職を実現してもらおうと設置された制度です。現在5名のアドバイザーが、豊富な経験に今後の状況分析を加えたアドバイスを行っています。自己分析と業界、職種の理解があってこそ、自己実現を可能にする就職ができます。最近は1・2年次からキャリアアドバイザー室を訪ねる学生が増えています。

学部・学科・コースについて

●応用バイオ科学科
<健康・医療バイオコース>
医薬、診断薬について学びます。
医療診断(酵素・免疫)/生理活性物質(薬理作用)/再生医療(組織培養)/医用材料(生体適合成ポリマー)

<環境バイオコース>
環境微生物、環境修復について学びます。
バイオプロセス(グリーンバイオ)/環境保全(バイオレメディエーション)/酵素、微生物の探索と応用/生体高分子の構造と機能

<食品バイオコース>
機能性食品、サプリメントについて学びます。
食品分析/食品加工(酵素・微生物)/機能性食品・サプリメント/食の安全(微生物・殺菌・分析)/発酵食品・組換え食品

<植物バイオコース>
遺伝子組換えや組織培養について学びます。
遺伝子組換え植物/組織培養/有用植物の作用/植物機能の有効利用

<バイオ化粧品コース>
美をサポートするバイオ技術を学びます。
機能性化粧品/細胞培養(組織培養)/アンチエイジング/スキンケア/生理活性物質の分析

<バイオ総合コース>
バイオの全般的なことについて学びます。
バイオ支援技術/機器分析技術/資格取得

●栄養生命科学科
栄養生命科学科は管理栄養士養成課程であることから、管理栄養士の国家試験受験資格を得るために必要なカリキュラムの配置と、管理栄養士としてさまざまな業界で活躍するために必要な力がつく、特徴あるカリキュラムを構築しています。

学べる内容

●応用バイオ科学科
バイオテクノロジーの登場によって、医療や食糧生産、食品の安全性、環境浄化など、私たちの生命に直接関係するさまざまな研究分野が飛躍的な進歩を遂げています。そして現在、バイオテクノロジーの世界では、より安全で信頼性の高い技術の確立をめざして、多数のバイオ技術者やバイオ技術支援者が必要とされています。
本学科では、人間性豊かで国際性に富んだ人材育成教育とともに、化学と生物を基盤とした教育を通じて、私たちの生活を支える「医・食・住」の問題解決に対応できる技術者を育てます。

●栄養生命科学科
栄養生命科学科は、管理栄養士養成課程です。食のプロフェッショナルをめざす皆さんに適した学科です。現在、食の安全、メタボや生活習慣病への関心などから、より良い食生活へのニーズが一層高まっています。そしてその責務を担う者として、管理栄養士の存在がクローズアッブされています。しかし、それに見合う能力を備えた人材は不足しているのが現状です。また、東日本大震災の被災地に向けて、災害支援管理栄養士の協力要請派遣が行われるなど、管理栄養士への期待は高まっています。
本学科で健康な社会をめざすとともに、環境を大切にし、人間としての優しさ、豊かさ、思いやりをもてる人材の育成をめざします。そして工科系大学ならではの特色を活かしたカリキュラムのもと、科学的センスに富み、体はもちろん、健全な心、さらに食材の選定・提案などを通し、経済・社会の改善に貢献できる、高いスキルと広い視野を備えた管理栄養士を育んでいきます。

独自の教育体制

●「管理栄養士」の国家資格取得支援
管理栄養士の資格を確実に取得することを前提として、資格取得の支援体制を整えています。豊富な資料と自習エリアを備えた「国家試験対策室」を設置。アドバイザーによるサポートと独自のeラーニングシステムを用いて万全の対策で国家試験に臨みます。

●基礎教育支援
高校までの勉強に不安がある、そんなあなたのために、神奈川工科大学では「基礎教育支援センター」を開設しています。センターでは、高校で習う「数学」「物理」「化学」「英語」「電気回路」の5教科をベテランチューターが個別指導しています。

●資格取得支援
ITエクステンションセンターにて、資格取得のための支援講座を開講しています。受講に際しては、大学が経済的アシストを行い、学部学科の勉強に加え、資格取得を含めたスキルアップをめざす学生をサポートします。

 
インタビュー
小林 夏純さん

卒業生 小林 夏純さん(プライムデリカ株式会社/2016年3月卒業)

「食」に関わる仕事を通して笑顔を広め健康も届けたい

幼い頃から食べることが大好きで、母と作るようになり「美味しい」と言われると幸せな気持ちになりました。将来は「食」に携わり、多くの人が笑顔になれるような商品開発がしたいと考えるように。母が栄養士だったので「栄養」の面からも勉強しようと決意しました。神奈川工科大学は施設も設備も充実していて最適な環境と感じ進学しました。
就職活動は食品業界全体から気になる企業を調べていき、最終的にコンビニなどに惣菜を提供する中食業界に焦点を当て、高校で生徒会の副会長をしていた経験や多方面から物事を判断できること、調整能力の高さなどをアピール。中食業界のプライムデリカに内定しました。

加藤 大輝さん

卒業生 加藤 大輝さん(マルハニチロ株式会社/2016年3月卒業)

食品業界で商品開発がしたい!きっかけは大学での授業の数々

中学高校では消防官などの仕事を考えていましたが、高校時のサッカーの部活動で、スポーツ栄養士の方にアドバイスを受け、改善したことがきっかけとなり、栄養の勉強をしようと思いました。大学受験では「管理栄養士」の養成学科を探し、国内有数の機器があり、施設の新しさにも惹かれ神奈川工科大学の栄養生命科学科に進学しました。
合同企業説明会に参加し、食品業界以外にも魅力を感じる企業とも出会いましたが、最終的には食品業界に絞り、小売りや卸売、外食、中食、メーカー等を検討して食品メーカーをめざしました。会社見学をして、社員の方の仕事に対する姿勢に惹かれ、マルハニチロを希望しました。世界の人々の健康と幸せに貢献する商品を開発したいと思っています。

西村 友汰さん

卒業生 西村 友汰さん(凸版印刷株式会社/2016年3月卒業)

人生のターニングポイントとなった大学生活。何事にも本気で挑戦!

父が臨床検査技師だったこともあり医療分野に携わりたいと考えるように。その後たびたび耳にし、世の中で話題となったバイオ技術に興味をもつようになりました。「生命の根本を学びたい」と、神奈川工科大学の応用バイオ科学科に進学しました。
バイオチップやマグネシウム空気電池など、凸版印刷の幅広い事業展開に好奇心が刺激され、分野の垣根を越えた挑戦をしたいと強く感じ、技術総合職で受けて内定をいただきました。「科学技術は人々の生活を豊かにする」という思いから次世代商品を生み出す開発や技術企画にチャレンジし、お世話になった母校、恩師、家族に恩返ししたいです。

 
学べる学問
  • 栄養・食物学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 化学
  • 保健・衛生学

 

目指せる職業
  • 管理栄養士
  • バイオ技術者

神奈川工科大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030

TEL.046-291-3002  (企画入学課)  FAX.046-291-3003 

ホームページ http://www.kait.jp/
E-mail kikaku@kait.jp
ページの先頭へ

神奈川工科大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで神奈川工科大学の情報をチェック!