だいどうだいがく

大同大学

(私立大学/愛知)

資料請求

工学部 機械システム工学科

幅広い知識、技術、創造力を鍛え、社会や人々の役に立つ機械システムエンジニア、ロボット分野で活躍するエンジニアを目指す。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
機械システム工学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
機械システム工学科の特長
カリキュラム

■1年次
機械システムを学ぶ土台となる数学や物理に比重を置きますが、同時に機械・電気・情報の基礎となる科目も学びます。入門セミナーやブロック玩具を用いた創造製作コンテスト、製図やCADの基本操作を学び、将来の技術者として学ぶ意識を高めます。
■2年次
機械に携わる技術者としての基礎的な4力学(材料力学、流体力学、熱力学、機械力学)と機械設計学を学びます。それとともにシステムを考えるための電気・電子工学やプログラミング、計測工学、機械加工実習、メカトロニクス実習を学びます。
■3年次
機械の基礎知識をシステム的に活用するための制御工学や、数値シミュレーションの基礎、機械加工の理論を学びます。また、エンジン工学や流体機械、ロボット工学、コンピュータビジョンなどの専門的でステップアップした内容が加わります。工学実験では機械システムの要素技術の一つ一つを自分の手で確かめながら習得、卒業研究に備えます。
■4年次
それぞれに専門分野を持つ指導教員のもとで、3年次までに学んだ知識・技能を応用して卒業研究を進めていきます。航空宇宙工学や自動車工学などの実際のシステムを学び、品質管理や経営学、倫理教育など技術だけでなく社会人としての幅を持たせるような授業科目も学びます。

学べる内容

機械とエレクトロニクスが一体となって機能する機械システム。今後、さらに重要度を増す、環境、福祉、安全向上に役立つ総合的なシステムづくりの場で活躍するエンジニアをめざします。
本学科では、求められる高度な機能を確かに実現できる機械システムエンジニアを輩出するために、CAD、力学(機械、熱、流体、材料)などの機械技術教育とともに、実務に役立つ周辺技術(電気・電子工学、制御工学、メカトロニクス、プログラム言語、CAM)、エネルギー応用システム、自動車制御システム、産業用ロボットシステム、民生用ロボットシステムなどの機械システムをバランスよく学びます。

卒業後、就職について

■卒業後の進路
●輸送機・安全システム分野
宇宙・航空機メーカー、自動車・輸送機メーカー、制御システムメーカー
(機械設計技術者、システム設計技術者、生産技術者、開発設計者)
●エネルギー・環境分野
熱・流体機器メーカー、計測機器メーカー、保守管理会社
(機械設計技術者、システム設計技術者、生産技術者、開発設計者)
●医療・福祉分野
医療機器メーカー、福祉機器メーカー
(機械設計技術者、システム設計技術者、開発設計者)
●ロボット・メカトロニクス分野
省力自動化装置メーカー、自動車・輸送機器関連メーカー、計測・制御装置メーカー、電気・電子機器メーカー
(システム設計技術者、機械設計技術者、生産技術者、プログラム技術者、開発設計者)
●ソフトウェア分野
システム設計メーカー、組み込みシステムメーカー
(プログラム技術者)
●医療・福祉機器分野
医療機器メーカー、福祉機器メーカー
(設計技術者、生産技術者)

■主な就職先(2015年~2017年度実績)
東日本旅客鉄道、NTN、スタンレー電気、きんでん、不二越、フタバ産業、平和堂、中央発條、愛知機械工業、シロキ工業、富士機械製造、メイテック、日立建機日本、アイシン機工、フジオーゼックス、武蔵精密工業、富士変速機、アルプス技研、アイシン辰栄、岐阜プラスチック工業、鶴弥、トラスト・テック、豊田スチールセンター、フジマック、KeePer技研、アイコクアルファ、東山フイルム、アンデン、大豊精機、三五、スガテック、日本電技、マルヤス工業、シブヤ精機 浜松本社、森六テクノロジー、三菱自動車エンジニアリング、高木製作所、デンソーダイシン、中部プラントサービス、近畿日本鉄道
※掲載社名は2017年度までの総合機械工学科の実績です。

学校について

■中部地区31社のバックアップで設立
大同特殊鋼、中部電力、名古屋鉄道など、中部地区31社の「日本のものづくりを支える人を育てたい」という熱意のもとに設立された、創立50年の伝統校です。

奨学金制度

本学ではお得な入学奨学金制度を用意しています。

■AO・推薦系入学時特別奨学生
AO・推薦系入学試験の合格者で本学に入学後も他の学生の模範となり得る人物に奨学金を給付する制度です。
[対象入試]
AO入学試験、専門高校推薦入学試験、女子特別推薦入学試験、推薦入学試験、指定高校推薦入学試験
[給付金]
第1種 AO・推薦系入学時特別奨学生:入学金相当額
第2種 AO・推薦系入学時特別奨学生:入学金半額相当額

■学力系入学時特別奨学生
成績優秀者50名程度を入学時特別奨学生として採用します。
[対象入試]
特別奨学生・M方式入学試験、前期入学試験A方式、前期入学試験B方式、大学入試センター試験利用前期入学試験
[給付金]
授業料等の全額(約120万円)または半額相当額(60万円)を免除(入学時から最短修業年限)

 
インタビュー
橋口 宏衛

先生 橋口 宏衛(講師(ロボット工学、制御工学)、工学博士)

自信をもって社会に出ていくため、4年間で頭と腕と創造力を鍛えよう。

ゲームの世界と異なり、現実のロボットづくりは大学で学ぶ幅広い知識と技術をフル稼働することが必要です。また、想像力と創造力も欠かせません。4年間を終えて卒業する時に自分はこれだけ頑張ったんだ、という自信の源になるような学びの場がここにあります。

杉山 良平さん

卒業生 杉山 良平さん(矢崎計器株式会社 島田製作所勤務、2010年卒業)

大同大だから身についた、企業が求める「人間力」

自動車用のスピードメーターを設計・製造している会社の生産技術部で、生産機械や設備の設計、組み付けをしています。まだ未熟ですが、「これは杉山に聞いてくれ」と言われるような知識や技術を身につけたいです。大同大学で得た一番の宝は、最高の友人に出会えたこと。そして企業が求める「人間力」を身につけたことです。大同大出身だからこそできることがあると信じ、前に突き進んでほしいですね。

徳力  誠治さん

在学生 徳力 誠治さん(島根県 松江東高等学校出身)

卒業研究テーマ:周期的変動付加による角柱まわりの流れの制御に関する研究。

小里研究室で風洞実験に必要な装置作りから始め、弱電離プラズマを利用した流れの制御装置(プラズマアクチュエータ)を活用して研究を進めています。歴代の先輩たちと同様、流れをコントロールすることで、騒音低減に役立てるというのが最終目標です。就職先メーカーでも、機械に関する知識、設計施術や工具の使い方、仲間と協力することなど大学生活で学んだことを軸に、新しいことにも挑戦したと思っています。

 

大同大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●滝春校舎

〒457-8530 愛知県名古屋市南区滝春町10-3

TEL.0120-461-115  (入試・広報室)  FAX.052-612-0125 

ホームページ https://www.daido-it.ac.jp
E-mail nyushi@daido-it.ac.jp
ページの先頭へ

大同大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで大同大学の情報をチェック!