桐蔭横浜大学の施設特集・環境情報|大学情報なら[日本の学校]

国際都市、横浜の北部。東京ドーム約9個分もの敷地に広がる緑豊かな桐蔭学園内で学びます。

大学中央棟。全面ガラス張りで、本学のランドマーク的存在です。

大学中央棟。全面ガラス張りで、本学のランドマーク的存在です。

  • 大学中央棟。全面ガラス張りで、本学のランドマーク的存在です。
  • 大講義室。約600人を収容できる広さを持つ施設。授業だけではなく、イベントやオープンキャンパスの説明会会場としても使われています。
  • 屋上庭園&オープンゼミ室。屋上に、緑とウッドデッキが調和したリラクゼーションスペース、開放的なオープンゼミ室を備えています。
  • スポーツ情報分析室。最新鋭のスポーツ動作ソフトを使って「スポーツ戦術論」を学びます。各スポーツクラブが、戦術・分析なども行えます。
  • スポーツ科学系実習室。ランニングマシン、筋力測定機器、呼気ガス持久力分析器、動作分析機器などを設置。多角的にスポーツを学ぶことができる施設です。
  • 医用工学部の研究・実習を行う施設です。最新鋭の医用工学機器がそろっています。
  • 先端医用工学センター(BMEセンター)。文部科学省ハイテク・リサーチ・センター構想、学術フロンティア推進事業の選定を受け、設立された施設です。
  • 桐蔭学園シンフォニーホール。入学式や卒業式のほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など国内外の一流オーケストラや劇団も上演。設計は世界的建築家の丹下健三氏。
  • ドイツの法学者・サヴィーニの「法思考」に触れることができるミュージアム。旧横浜地方裁判所陪審法廷も移築復元されています。
  • 旧横浜地方裁判所陪審法廷。貴重な歴史遺産として、移築・復元・保存されました。
  • 情報処理演習室。100台のパソコンが設置され、学内LANでネットワーク接続されています。授業以外の空き時間でも利用できます。
  • 法学部棟
  • 技術開発センター
  • 「桐蔭英語村」を有する交流会館。学生たちと教職員が自由にコミュニケーションできる場所です。
  • 法学部の実践授業の要、法廷教室。
  • 中央棟に備わる学生ラウンジ。昼食や自習などに使われてます。
  • スポーツ情報系実習室「TOIN Sports Analytics Lab」。スポーツにおける情報収集・分析、テクノロジー活用の学習に必要な設備が揃っています。

桐蔭横浜大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒225-8503 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614

TEL.045-974-5423  (入試・広報センター)  FAX.045-972-5972 

ホームページ http://toin.ac.jp/univ/
E-mail nkc@toin.ac.jp
ページの先頭へ

桐蔭横浜大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで桐蔭横浜大学の情報をチェック!