名古屋文理大学 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
  • 名古屋文理大学
  • 名古屋文理大学
  • 名古屋文理大学
  • 名古屋文理大学

なごやぶんり

名古屋文理大学

(私立大学/愛知県稲沢市) >>お気に入りに追加する

現場感覚を磨く実践的な学びで、食・栄養・情報のプロになろう

名古屋文理大学の 学部・学科・コース

2学部3学科で広がる未来

健康生活学部(4年)

健康栄養学科(4年) フードビジネス学科(4年)

情報メディア学部(4年)

情報メディア学科(4年)

上記は、2023年4月入学者対象のものです。

名古屋文理大学の写真・動画

名古屋文理大学のオープンキャンパス

とっておきニュース

名古屋文理大学

設備がそろうキレイな“校舎”

最先端の教育環境を整えた「FLOS館」。FLOSはラテン語で「花」という意味。栄養教育65年という伝統を継承しながらも、より学園が花開き、成長、進化していくように、学生一人ひとりが大きく美しい花をさかせられるようにとの願いが込められています。

◎1階 天井が高く開放的な食堂

◎2階 最新機器を備えた調理実習室とフードアセスメントスペース
調理実習室には、調理から製菓、フードコーディネート、カフェ実習と幅広い実習に対応できる最新設備を完備。

◎3階 次世代クリエータの夢を叶えるメディアラボ
3Dプリンタ、自動製本機、大型ポスター印刷の設備に加え、撮影スタジオ、本格的なレコーディングルームと編集機器を完備。

名古屋文理大学の就職・資格

就職
万全の就職支援体制
資格
きめ細やかな資格取得指導

名古屋文理大学の学費のこと

■初年度納入金(2022年度参考)
・健康栄養学科 138万円
・フードビジネス学科 133万円
・情報メディア学科 138万円
※入学金を含む

名古屋文理大学の特長

■栄養士教育65年の伝統。卒業生1万5000名の実績
創立以来65年の栄養教育で1万5000人以上の管理栄養士、栄養士を社会に送り出した名門校です。卒業生が様々なポストで活躍しており、求人情報が一般公募がはじまるよりも早く、本学へ寄せられるケースがあることも本学の特徴です。(2021年3月現在)

■高度な学びへと飛躍するために、基礎教育センターで基礎力を育成
基礎教育センターは学生一人ひとりに最適な基礎力育成を行う専門組織。「日本語力」「数的処理」「基礎理化学実験」という3つのアプローチで、すべての基盤となる論理的な思考力や問題解決力、伝達能力を養います。

■全学科で入学者全員にiPadを無償提供!授業等に活用!
iPadを授業の教材として全国の大学に先駆けて導入、現在は全学科で入学生に無料配布しています。自己学習のためにWEB教材をいつでもどこでも学習でき、授業ではSNS等を活用した教員と学生との円滑なコミュニケーションを生み出しています。アンケートでは主体的に学習する機会が増えたという結果が出ています。

名古屋文理大学の所在地/問い合わせ先

〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365

TEL.0587-23-2400  FAX.0587-23-2461 

名古屋文理大学の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

オープンキャンパス情報open campus

もっと見る

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで名古屋文理大学の情報をチェック!