なごやぶんり

名古屋文理大学

(私立大学/愛知県稲沢市)

資料請求

願書請求

健康生活学部 フードビジネス学科

地域企業とのコラボレーションで商品開発に挑戦!
時代に即した食生活を提案できる、真のプロフェッショナルを育成します。

  • ※2018年4月入学者対象のものです。
フードビジネス学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
フードビジネス学科の特長
学部・学科・コースについて

■3つのコースで専門的な実践力を養成
より専門的な実践力を養成するために、コース制(食品メーカーコース、食品流通コース、フードサービスコース)を採用。学びを深めていくことのできるカリキュラム編成と、フードビジネスに関わる多彩な学びによって、食をとりまく厚みのある知識とスキルを身につけることができます。
■経営や開業に役立つビジネスに関する科目も豊富
経営学やマーケティングをはじめとするビジネスの基本となる知識から、チラシやメニュー制作などの効果的な広告戦略の立て方まで、フードビジネスに関わる多彩な実践的手法を修得します。
■実習系科目にも最新の潮流を反映
フードビジネスの最前線で活躍する講師陣から、調理やコーディネートなどに関する最新技術を学べます。また、学外へ積極的に飛び出し、「フードビジネスの今」を直接肌で感じることのできる実習も行うなど、常に新しい学びに満たされた4年間です。

学べる内容

■時代に合わせたフードビジネスの専門知識、技術を学ぶ
食の安全性、責任が大きな社会問題となっている時代。消費の多様化や市場の国際化が進むフードビジネスの世界では、ますます「食」の安全・管理に厳しさが求められています。フードビジネス学科では、食品や栄養についての専門知識はもちろん、ビジネス、デザイン、文化など、食を取り巻く幅広い知識とスキルを身につけます。食に携わる者として生産から消費にいたるまで食全体の安全性を徹底的に学びます。

資格について

■資格取得支援体制
日本フードコーディネーター協会認定校なので、卒業と同時に「フードコーディネーター資格」を取得できます。またフードスペシャリストやサプリメントアドバイザーの資格受験にも養成認定校としての優遇措置が設けられています。これらの資格取得に必要な知識やスキルは、授業の中で学べるようにカリキュラムが組まれています。また、資格取得支援講座を設け、取得を目指す学生を強力にサポートしていきます。

独自の教育体制

■現場直結の授業が充実
本学科では商品開発担当者をめざす学生のための授業が充実。入門と位置づけられる科目「食生活論」では日本の食をめぐる状況を学び、座学で学んだ知識をビジネスの場で活かす応用力を身につけていきます。具体例のひとつは「朝ごはん研究」。学生は自分の朝食を毎週撮影し、受講している全員の写真データを集め、分析します。発見した課題を活かし、大学生が食べたくなる朝ごはんのコンセプトを「内食」「中食」「外食」の3パターンを立案し、仕上げにプレゼンテーションを行い、発信力を養成します。
■地域企業とのコラボレーション
<(株)昭和および地元メーカー6社との共同商品開発>
平成23年度より、フードビジネス学科は食品商社の(株)昭和と共同商品開発に取り組んでいます。平成24年度は2年次生が(株)昭和および食品メーカー6社とコラボレーションし、20品を開発しました。学生たちは4月から商品コンセプト開発をスタート。プロジェクトチームに分かれて企画を立案し、6月に企業の担当者にプレゼンテーションを実施しました。そこで開発可能商品に選ばれたコンセプトが実際に商品化され、10月の(株)昭和の展示会で発表されました。11月には、学生たちがアピタの食品売場で消費者に宣伝販売しました。

就職状況

■平成28年度 就職率100%
就職に関する専門スタッフのサポートにより、高い就職内定率を誇ります。また60%の学生が食品関連の企業に就職(平成28年度)をしています。
■業種別内定比率(平成29年4月現在)
□フードサービス17%□食品流通24%□食品メーカー19%□小売16%□サービス10%□その他14%

 
インタビュー
小澤 真洋さん

卒業生 小澤 真洋さん(フードビジネス学科 27年度卒業 ジェイアール東日本フードビジネス(株)勤務)

4年間で身についた人間力が、自分の可能性を広げてくれた!

部活動で部長の経験や、様々な活動・企画に取り組むことで、人・地域とのつながりの大切さに気付くことができました。4年間で身に付けた人間力で、自分の考え方や行動力はとても変わったと思います。相手を思いやる気持ち、責任感を忘れず、これからも積極的に頑張っていきたいです。

岡戸 瑞希さん

卒業生 岡戸 瑞希さん(フードビジネス学科 25年度卒業 フジパングループ(株)勤務)

たくさんの人に、商品の魅力を伝えていきたい!

私はマーケティグ部に所属し、新商品を営業社員が取引先様に提案するための企画書作りや、発売する商品を決めるための会議に参加し意見を伝えるといった業務を担当しています。以前、職場で周りを巻き込み現状を変えていく先輩を見て、自分もそうなりたいと思い、仕事への意識がより高くなりました。今の目標は、商品の魅力を多くのお取引先様に伝えられる影響力のある人になること。そして、長く愛される商品をつくっていきたいと思います。

 
学べる学問
  • 栄養・食物学
  • 経営学
  • 商学
  • デザイン学
  • 家政学・生活科学

 

目指せる職業
  • 経理スタッフ
  • フードコーディネーター
  • 起業家
  • 経営者
  • 営業

資格
  • カラーコーディネーター検定試験
  • 簿記検定
  • [目標資格]
    フードコーディネーター
    フードスペシャリスト
    サプリメントアドバイザー
    販売士
    カラーコーディネーター
    簿記
    文章デザイン検定

名古屋文理大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365

TEL.0587-23-2400  FAX.0587-23-2461 

ホームページ http://www.nagoya-bunri.ac.jp/
E-mail kouhouka@nagoya-bunri.ac.jp
ページの先頭へ

名古屋文理大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで名古屋文理大学の情報をチェック!