二松学舎大学 | 学部・学科・コース詳細(文学部) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
文学部

2020年10月10日に創立143周年を迎えた伝統校。
夏目漱石や犬養毅らも卒業した本学で、文学や思想を学ぶ

  • ※2022年4月入学者対象のものです。
文学部
 
文学部の学科・コース・専攻一覧
国文学科
  国文学専攻
  映像・演劇・メディア専攻
  日本語学専攻
中国文学科
  中国文学・日本漢学専攻
  中国語・韓国語専攻
  書道専攻
都市文化デザイン学科
  コンテンツ文化専攻
  観光メディア専攻
  国際日本学専攻
歴史文化学科 [*2022年4月開設 設置構想中]
  日本史専攻
  欧米・アジア史専攻
  思想・文化史専攻
 
文学部の特長
取得資格

小学校教諭二種免許状<国>
中学校教諭一種免許状【国語・中国語・※社会】
高等学校教諭一種免許状【国語・書道・中国語・※地理歴史】
学校図書館司書教諭<国>
図書館司書<国>
学芸員<国>
※都市文化デザイン学科では、教育職員免許状は取得できません。
※歴史文化学科*の教職課程の開設については、2022年度4月以降を予定(教職課程認定申請中)。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

カリキュラム

大学・学部・学科の各共通科目、基礎から専門までの科目を着実に学ぶカリキュラムです。
各年次にはゼミナールが配当され、少人数の学びを4年間積み重ね、卒業研究に結実させます。
所属学科と異なる学科の専門科目、国際政治経済学部の科目も履修して、多様な学びを実現することができます。自身が考えるテーマを多様な分野・領域と結びつけて学ぶことが、社会で活躍するための礎(いしずえ)となります。

学べる内容

■国文学科
国文学科では自らを見据え、他に向けて発信する「自分」を重視します。古典から近現代にいたる小説や詩歌、演劇や映像を学ぶことは、過去を生きた他者の「発信」の足跡を知ることであり、今の私たち自身を知ることにも通じます。さまざまな作品・表現や、それらの礎となる日本語そのものと向きあうことは、自分のあり方を探す契機となることでしょう。
■中国文学科
一つの国の文化が一国だけで成立することはあり得ません。日本も例外ではなく、私たちの精神や思想の背景には、古来、中国大陸や朝鮮半島からの影響があります。中国文学科では中国の文化や思想、言語を中心に学んでその理解を深められるほか、さらに日本や韓国の文化や書道も学ぶことができます。近年、必要とされている東アジアで活躍できる国際人も育成します。
■都市文化デザイン学科
小説、マンガ、アニメ、ゲーム等の日本文化はクリエイティブ産業における重要なコンテンツとなっています。一方で、発信力と「メディア文化への深い理解」を兼ね備えた人材はまだまだ不足しています。都市文化デザイン学科では日本の文化に関する研究を礎に、実践的にメディアを再編・発信できる人材、文化産業・観光産業に貢献する人材を育成します。
■歴史文化学科(2022年4月開設 設置構想中)
日本史、欧米史、アジア史、さらには思想史、文化史を深く学んでいきます。歴史学は、史料の分析やフィールドワークを通して過去の事柄を明らかにするだけではなく、それを通して現代社会をどうしていくべきかを考える学問です。歴史文化学科では、歴史学の研究を通して、論理的思考力、発信力を身に付け、社会で広く活躍できる人材を育成します。

就職指導

■学力、意識ともに優れた教員を育てる実践的な支援を行っています。
二松学舎大学は「国漢の二松」と称され、国語、とりわけ古文・漢文に優れた教員を輩出してきた伝統があります。教職課程センターは、授業で学んだ知識を教育力に導くとともに、優れた人間力を育むサポートをしています。
高い素養が求められる教員の養成に、教育技術面、精神面、進路面できめ細かな支援をするために、中学・高等学校での豊かな経験を積んだ教員をも配しています。

■教員採用選考合格講座
教職課程センターでは、公立学校の教員を目指す学生のために「教員採用選考合格講座」を開講して受験対策に取り組んでいます。
講座は、1年次対象の「基礎導入講座」(2年次に進級する春休みに開講)から4年次対象の「直前講座」(4年次の採用試験直前の4・5月に開講)まで4年間で10講座を開講しています。
講座内容の主なものは、専門科目の国語(現代分・古文・漢文)を基礎から学びなおすことを中心に、教職教養科目、時事問題などを盛り込んで、4年次の夏の採用試験合格を目標に学年ごとに段階的に学習できる、徹底した受験対策の講座です。

■国語科教員養成特別コース
2011年よりスタートしたプログラム。コースの受講者は、選考により決定します。

国際交流

■語学学習にとどまらず、異文化を学ぶ貴重な機会を提供しています。
○point 1
二松学舎大学では約3週間の短期海外語学研修や、1年の派遣留学を実施しています。
○point 2
中国・韓国・台湾・ハンガリー・オーストラリア・イタリア・フランス・英国・アイルランド等に海外協定校があり、そのうち5校(北京大学・成均館大学校・中国文化大学・ケンブリッジ大学・リール第三大学)と交換留学を実施しています。

主な就職先

【建設・不動産】
一条工務店千葉、S-FIT、エルズホーム、木下工務店、きんでん、グンエイ、ココエステート、スターツアメニティー、世紀東急工業、栃木セキスイハイム、ビルディンググループ、ファイブイズホーム
【出版・印刷・広告】
アルファポリス、エイエヌオフセット、エリート情報社、広真、弘報社、JSコーポレーション、つばさエンタテインメント、文星閣、リベラル
【製造】
アカギ、アライヘルメット、キッコーマンソイフーズ、桐井製作所、桂新堂、サンコーテクノ、タニコー、東鋼、日本通信紙、日本ビソー、ハピネスデンキ、マウスコンピューター、YKKAP
【情報・通信】
アイネス、アイワ情報サービス、アクロホールディングス、旭情報サービス、あとらす二十一、イー・シー・エス、インテック、エヌアイデイ、オーツーソフト、岡谷市民新聞社、グローバルビジネスソリューションズ、ゲイン、コンピュータマインド、サクシード、GIテクノス、シーテク、システナ、システムコーディネイト、システムファクトリ、新日本システック、SELF、中央システム、都築テクノサービス、TDCソフト、日本ソフトウェアマネジメント、日本ディクス、バイトルヒクマ、ハミーズシステム、パワーハウス、ビーネックスソリューションズ、富士通エフ・アイ・ピー・システムズ、BRANU、UTテクノロジー、ライジングシステム
【運輸・旅行】
共同フレイターズ、近畿日本ツーリスト関東、ケイエム観光バス、京浜急行電鉄、佐川急便、帝産観光バス、日本紙運輸倉庫、日本交通、日本通運、引越社、ホワイト・ベアーファミリー、ミキ・ツーリスト
【卸売】
アペックス、アベルコ、IDOM、岡村、オフィス24、協和貿易、金鳳堂、栗原医療器械店、ケーオーデンタル、小泉、サンワサプライ、シモジマ、新光電気工業、ジンズ、第一工芸社、滝川、ダックス、東京エコール、東京青果、東京堂、TOKAI、TOTOエムテック、橋本産業、ファースト、プラザクリエイト、プリンセストラヤ、ユー花園、菱洋エレクトロ
【小売】
青山商事、アドバンス、イービーエム、イオンリテール、イワキ、ウエルシア薬局、エスケーアイ、NSSホールディングス、エメ・マギー、オオゼキ、小田急商事、オリジン東秀、カスミ、かねたや家具店、鵞毛堂、銀座山形屋、クスリのアオキ、コスメネクスト、ジェーソン、しまむら、鈴乃屋、千疋屋総本店、大黒天物産、タカハシ、多慶屋、チュチュアンナ、ツツミ、ニコル・カーズ、ニトリ、日本エコでんき、日本調剤、ノジマ、はせがわ、フラント、ブルーブルーエジャパン、ブルームヒアリング、ベルク、ベルパーク、マルエツ、メガネスーパー、メガネトップ、メガネフラワー、モンプレジア、ユザワヤ商事、ヨドバシカメラ、ローソン
【金融・保険】
アルプス中央信用金庫、イオンフィナンシャルサービス、いちよし証券、川崎信用金庫、北日本銀行、小松川信用金庫、サイモン・リインシュアランス・ブローカーズ、城北信用金庫、千豊、千葉信用金庫、東京信用金庫、東京ベイ信用金庫、日本生命保険相互会社、水戸証券
【サービス】
アートフリーク、アウトソーシング、アクティオ、アズコムデータセキュリティ、ALSOK ビルサービス、アルファクラブ武蔵野、イノス・ジャポン、茨城県商工会連合会、ヴィエリス、ウィルオブ・ワーク、エントリー、オークファン、オフィスエム、共同エンジニアリング、くらしの友、ケンツー、コーユーレンティア、国際自動車、坂本会計、ザ・フォウルビ、サントリーパブリシティサービス、JR 東日本ステーションサービス、スタッフサービス、TS グループ、ティー.ティーコーポレーション、TBC グループ、床山かしわや、トリニアス、日本カーソリューションズ、日本サービスセンター、パーソルテンプスタッフ、パシフィックアートセンター、ファンベスト、プロバイドジャパン、ベアーズ、ポラス、本多企画、マーキュリー、マーベラス、松下社会保険労務士事務所、ミネルバ税理士法人、ライフランド、ラウンドワン、LAVA International、りらいあコミュニケーションズ、ロフティー、ワイエム総合サービス
【宿泊・飲食】
ザ・キャピトルホテル東急、重光、東急リゾートサービス、東和フードサービス、日本KFC ホールディングス、阪急阪神ホテルズ、プロントコーポレーション、ユナイテッド&コレクティブ、ルートイングループ
【学校】
赤磐市立桜が丘中学校、飛鳥未来高等学校、伊東市立対島中学校、伊奈町立小針中学校、茨城県立勝田工業高等学校、茨城県立多賀高等学校、茨城県立取手第一高等学校、茨城県立藤代紫水高等学校、茨城県立結城第二高等学校、岩手県立盛岡第三高等学校、印西市立印西中学校、印西市立原山中学校、上田市立第四中学校、小川町立西中学校、越生町立梅園小学校、葛飾区立新宿中学校、神奈川県立横浜明朋高等学校、神奈川県立横浜修悠館高等学校、関東国際高等学校、熊谷市立妻沼西中学校、京華中学・高等学校、小山市立乙女中学校、埼玉県立草加南高等学校、埼玉県立南稜高等学校、埼玉県立三郷北高等学校、静岡県立御殿場高等学校、台東区立千束小学校、拓殖大学紅陵高等学校、茅野市立長峰中学校、千葉県安房西高等学校、千葉県立旭農業高等学校、千葉県立泉高等学校、千葉県立浦安南高等学校、千葉県立京葉高等学校、千葉県立国府台高等学校、千葉県立千葉女子高等学校、千葉県立銚子商業高等学校、千葉県立東金高等学校、千葉県立流山おおたかの森高等学校、千葉県立船橋高等学校、千葉県立桜が丘特別支援学校、つくば秀英高等学校、土浦市立都和中学校、鶴ヶ島市立藤中学校、東京都立葛西南高等学校、東京都立小岩高等学校、中津川市立付知中学校、二松学舎大学付属柏中学校・高等学校、二松学舎大学付属高等学校、沼田市立利南東小学校、八王子市立第五中学校、富士見市立水谷中学校、松戸市立松戸高等学校、南房総市立千倉中学校、武蔵野大学附属千代田高等学校、明秀学園日立高等学校、目黒区立目黒中央中学校、守谷市立守谷中学校、四街道市立四街道北中学校、立正大学学園
【その他教育支援】
学究社、河合塾マナビス、ディ・エヌ・ケー、臨海
【医療・福祉】
北区社会福祉事業団、キッズドア、ケアリッツ・アンド・パートナーズ、コロロ学舎、定村歯科医院、SOMPO ケア、千葉西総合病院、桐和会グループ、戸田中央医科グループ、ニチイ学館、日本赤十字新潟県支部、船橋整形外科病院、ベストライフ、ベネッセスタイルケア、ヘルシーサービス、明理会中央総合病院
【団体】
市川市農業協同組合、全国農業協同組合連合会群馬県本部、大本山成田山新勝寺、日本郵便
【公務員】
あきる野市役所、阿見町役場、石川県庁、小美玉市役所、川崎市役所、君津市役所、警視庁、航空自衛隊、越谷市役所、上越市役所、豊田市役所、白馬村役場、飯能市役所、北海道人事委員会、まんのう町役場、壬生町役場
(2020年3月卒業生実績/文学部のみ)

 
インタビュー
塩沢一平教授

先生
塩沢一平教授(専門分野:万葉集、J-POP)

他者とのコラボレーションの中で高い成果を目指す

万葉集を中心とした上代の和歌・歌謡研究が専門です。討論や課題を探し、社会で通用する力が身に付く講義を目指しています。授業では、J-POPもしばしば登場。古代の歌を学ぶことが現代の歌を考えることにつながり、反対に現代のライブから古代の祭祀での歌舞を理解することにもつながります。

小方伴子教授

先生
小方伴子教授(専門分野:中国語学)

中国文化に触れながら国際社会で活かせる中国語を習得する

3年次からはゼミナール等で、小説やエッセイを翻訳したり、文法や文学に関する最先端の研究論文を精読したり、各自の興味に応じて専門的に学びます。これまで「漢文」として親しんできた中国の古典作品を、中国語で味わう楽しさも知ってほしいと願っています。

 
学べる学問
  • 外国文学
  • 言語学
  • 歴史学

 

目指せる職業
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 書道教師
  • 書道家
  • 学芸員(博物館)

資格
  • 国家公務員/地方公務員
  • 警察官
  • 消防官
  • 小学校教諭免許状
  • 中学校教諭免許状
  • 秘書技能検定

二松学舎大学の所在地/問い合わせ先

所在地

●九段キャンパス

〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16

TEL.03-3261-7423  (入試課)  FAX.03-3261-8904  (入試課) 

ホームページ https://www.nishogakusha-u.ac.jp/admission/
E-mail nyushik@nishogakusha-u.ac.jp
ページの先頭へ

二松学舎大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料ともに無料 願書は9月より、順次発送予定

-

●入学案内
※資料・送料ともに無料 願書は9月より、順次発送予定

_

ピックアップ
オープンキャンパス

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで二松学舎大学の情報をチェック!