日本福祉大学 子ども発達学科の詳細情報

にほんふくしだいがく

日本福祉大学

(私立大学/愛知) >>お気に入りに追加する

教育・心理学部 子ども発達学科

乳幼児期から青年期までの子どもの成長・発達を理解し、当事者の願いに応えて実践できる専門家を養成。

子ども発達学科の特長

取得資格

■取得可能な資格・免許状

選択する専修によって取得できる資格は異なります
【国家資格】
保育士
公認心理師(学士課程基礎要件)
【免許状】
幼稚園教諭一種免許状
小学校教諭一種免許状
中学校教諭一種免許状(社会)
特別支援学校教諭一種免許状(知的障害・肢体不自由者)
【民間資格】
学童保育士※1
初級障がい者スポーツ指導員
【任用資格】
社会福祉主事任用資格
児童指導員任用資格
■卒業後に実務経験が必要な資格
・児童福祉司任用資格 ※2

※1)別途、NPO法人 学童保育指導員協会が指定する学童保育実習を受講する必要があります。
※2)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。
※ 任用資格とは公的機関などにおいて特定の業務につくために必要とされる資格です。 
※ 複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

もっと見る

施設・設備

■子ども発達実習棟
豊富な演習室で実践力を身につける教育・心理学部の学びの舞台となるのが、「子ども発達実習棟」です。通常の講義はもちろん、「音楽」「理科」「図画工作」など、保育者・教育者に必要な力を養うための各種実習室が充実。
ピアノがあるレッスン室は自主練習の場として学生たちが積極的に活用しています。

もっと見る

学べる内容

■学校教育専修
特別支援教育コースでは、「特別支援教育」そのものだけではなく、多様な障害の特性、障害児の発達や心理、取り巻く環境について理解を深め、障害児の教育や支援する力を身につけていきます。
学校教育コースでは、体系的な専門的学びに加え、教育実習と2回の「教職インターンシップ」によって、2年次以降、継続的な現場学習を可能にしています。

■保育・幼児教育専修
すべての子どもへ臨機応変に専門性を駆使できる保育者を養成します。乳幼児期を中心に、子どもの発達に適した保育・養護の考え方・内容・方法や、音楽・造形・体育などのこころとからだを育む方法を学習。親の育児ストレスは、現代社会の問題のひとつ。本専修では保育所・施設・幼稚園での実習以外にも、子育て支援センターなど親子とふれあう機会を豊富に設けています。

もっと見る

       

子ども発達学科の概要

子ども発達学科
  • 定員215名
  • 募集共学
  • 学費130万5660円  [2022年度実績]

※2022年4月現在のものです。

子ども発達学科の専攻・コース

  • ●保育・幼児教育専修
  • ●学校教育専修 学校教育コース
  • ●学校教育専修 特別支援教育コース

学べる学問

  • ・教育学
  • ・心理学
  • ・社会学
  • ・児童学
  • ・福祉学

目指せる職業

  • ・保育士
  • ・地方公務員
  • ・幼稚園教諭
  • ・小学校教諭
  • ・中学校教諭
  • ・特別支援学校教諭
  • ・社会福祉主事

日本福祉大学の所在地/問い合わせ先

●美浜キャンパス

〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田会下前35-6

●半田キャンパス

〒475-0012 愛知県半田市東生見町26-2

●東海キャンパス

〒477-0031 愛知県東海市大田町川南新田229

日本福祉大学の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで日本福祉大学の情報をチェック!