検索する
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
かわさきいりょうたんきだいがく

川崎医療短期大学

(私立短期大学/岡山県倉敷市)

資料請求

メイン写真

少数精鋭で看護・介護のスペシャリストを育成

川崎医療短期大学の3つの特長

3つの特長1

川崎学園ネットワークによる恵まれた実習環境

3つの特長2

きめ細かいサポート体制で、個別指導や編入学支援も行っています

3つの特長3

高い就職率!就職率100%(*2016年3月卒業生実績)

資格を身につけることは自分自身の能力を示す証であり、資格取得への関心が年々高まってきています。本学では国家試験の高い合格率を維持するために、実習病院、医療・福祉関連施設の整備、専門教育への導入のための事前教育・基礎科目の補充教育、担任制によるきめ細かい学習と生活の指導に力を注いでいます。

川崎医療短期大学のとっておきニュース

2017年度より入試制度が大きく変わりました。

とっておきニュース

川崎医療福祉大学・川崎医療短期大学・川崎リハビリテーション学院の入試制度が
2017年度より新しくなりました。

【主な変更点】
■受験機会を拡大
■3施設の入試日程を一本化
■3施設間での併願可能
■複数の入試区分で学外会場を導入
■全学科にAO入試を導入
■“小論文”を廃止
■“基礎学力確認テスト”を導入
■全入試区分に“面接”を導入
■Web出願を導入

川崎医療短期大学の 学科・コース

充実の2学科!少数精鋭でよりきめ細やかな指導を行います。

看護科 (3年)

上記は、2017年4月入学者対象のものです。

川崎医療短期大学の 学費のこと

■初年度納入金(2017年度)
●看護科:120万円(入学金25万円+授業料60万円+教育充実費35万円)
●医療介護福祉科:120万円(入学金25万円+授業料60万円+教育充実費35万円)
※別途、諸会費(学友会費2万4000円・協助会費3万円)が必要です。
※学債、寄付金はありません。
■奨学金制度(2017年度)
●川崎学園独自奨学金[看護学生奨学金]
川崎学園では、年額36万円の看護学生奨学金制度を設けています。卒業と同時に附属病院に就職可能な学生に無利子で貸与します。借用年数と同じ期間勤務することで返還免除となります。

川崎医療短期大学の 本学の特長

■川崎学園ネットワーク
西日本随一を誇る医療・福祉・保育の教育環境が、確かな学びを提供します。
その結果が国家試験の高い合格率、就職の実績としてあらわれています。
・川崎医科大学
・川崎医科大学附属病院
・川崎医科大学総合医療センター(旧:川崎医科大学付属川崎病院)
・川崎医療福祉大学
・専門学校川崎リハビリテーション学院
・総合医療福祉施設 旭川荘
・現代医学教育博物館
■2つの附属病院での実習
在学中の約半分にあたる時間を病院での臨床実習に費やします。
「川崎医科大学附属病院」「川崎医科大学総合医療センター(旧:川崎医科大学付属川崎病院)」での質の高い実践教育が、医療・福祉・保育のスペシャリストを育成します。

川崎医療短期大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒701-0194 岡山県倉敷市松島316

TEL.086-464-1033  FAX.086-463-4339 

ホームページ http://www.kawasaki-m.ac.jp/jc/
ページの先頭へ

川崎医療短期大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで川崎医療短期大学の情報をチェック!