きょうとびじゅつこうげいだいがく

京都美術工芸大学

(私立大学/京都)

資料請求

願書請求

工芸学部/美術工芸学科 工芸領域

工芸学部 美術工芸学科 工芸領域(陶芸/木工・彫刻/漆芸)

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
工芸領域
この学部・学科の資料をもらう
 
工芸領域のコース・専攻一覧
陶芸コース
木工・彫刻コース
漆芸コース
 
工芸領域の特長
学部・学科・コースについて

受け継がれてきた日本の工芸特有の美意識や技術の基礎を、陶芸、木工・彫刻、漆芸の各コースに分かれ創作を通して身につけます。また、伝統技術に新しい感性(デザイン)を融合させることにより、工芸に新たな価値を持つ“KOGEI”を視野に入れた教育を行うことで、工芸の魅力を社会に発信する力を磨きます。

<例えば、こんな学び>
●新しい工芸表現としての“KOGEI”を創造する
●陶芸・木工・彫刻・漆芸の手業を習得する
●手業とデザイン表現の融合を図る
●商品企画やプロデュースを学ぶ
●産学連携プロジェクトに参加する
●プレゼンテーションスキルを磨く

学べる内容

<工芸領域の学び>
■手技の習得
日本の工芸を代表する陶芸、木工・彫刻、漆芸の3分野を、豊富な実習を通して学び、手技を身につけます。本来は徒弟制度でしか学べない貴重な技術を体系的な教育システムで学ぶことができます。
■デザイン表現
新しいデザインは、多くの場合まったく未知の分野から生まれるのではなく、既存の素材やアイデアの組み合わせから生まれます。その可能性の探り方について、さまざまな実践を通して学んでいきます。
■プロデュース
優れた工芸デザインを社会により広く展開していくためには、どのようにして商品価値を高めていくべきか。プロデューサーとしての視点を身につけ、オリジナルの企画を実現する力を磨きます。

<陶芸コース>
伝統的な成形・加飾・釉薬・焼成の各技術を学び、さらに高度な先進的陶芸技術も追究します。

<木工・彫刻コース>
人が木を扱う中で磨いてきた木工・彫刻の各種技法を学び、自由自在に造形する力を身につけます。

<漆芸コース>
漆芸の基礎から応用までを段階的に学習し、乾漆・螺鈿・蒔絵などの高度な技法にも取り組みます。

卒業後の進路

●工芸プロデューサー
●家具デザイナー
●雑貨デザイナー
●クラフトデザイナー
●インテリアプランナー
●工芸作家
●伝統工芸士 など

取得資格

<在学中に取得可能な資格・検定>
●博物館学芸員
●インテリアプランナー
●インテリア設計士
●Illustratorクリエイター能力認定
●色彩検定
●TOEIC など

 
学べる学問
  • 美術
  • デザイン学

 

目指せる職業
  • 雑貨デザイナー
  • インテリアプランナー
  • 工芸家

資格
  • 建築士
  • TOEIC
  • 色彩検定
  • インテリア設計士
  • インテリアプランナー

京都美術工芸大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●京都東山キャンパス

〒605-0991 京都府京都市東山区川端通七条上ル
ホームページ http://www.kyobi.ac.jp
E-mail nyugaku@kyobi.ac.jp
ページの先頭へ

京都美術工芸大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

写真で見る説明会

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで京都美術工芸大学の情報をチェック!