新潟食料農業大学 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
メイン写真

「食」「農」「ビジネス」を一体的に学び食の未来を変える

新潟食料農業大学の3つの特長

3つの特長1

「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶ

3つの特長2

地域連携型・実践力重視の授業

3つの特長3

最先端の機器・設備

私たちの身近な“食”を支えているのは、農作物の生産から、おいしい食品への加工、全国への流通、販売などで“食”を食卓までつなげる人たちです。本学ではこの“食のつながり”を理解するため「食」「農」「ビジネス」を総合的に学び、これからの食の未来を変える人材を育成します。

新潟食料農業大学の 学科・コース

食料産業学部(4年)
食料産業学科[2年次よりコース選択]
  アグリコース
  フードコース
  ビジネスコース

上記は、2021年4月入学者対象のものです。

新潟食料農業大学の 学費のこと

■2021年初年度納入金
150万円(入学金25万円、施設設備費25万円、実習実験費10万円を含む)

新潟食料農業大学の 学ぶこと

■「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶ
本学では1年次より、食のつながりを理解するため全員が「食」「農」「ビジネス」を総合的に学びます。また、2年次からは【アグリ】【フード】【ビジネス】の3つのコースで専門的な知識・技術を修得します。4年間を通して食料産業全体を理解し、さらに自分の将来像に合わせた3つのコースで学ぶことで、これからの食の未来を変える人材を育成します。

新潟食料農業大学の 目指せる職業像

■一体的な学びによる幅広い活躍の場
本学では一つの専門性にとらわれず、4年間を通して「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶため、どのコースに進んでも生産・加工・流通・販売など、食に関わるすべての分野で活躍を目指すことができます。自身の進路のイメージを明確化するキャリア系科目や個々の就職活動へのサポートを通して、次世代の食料産業を担い活躍する“食のジェネラリスト”を目指します。

(想定される活躍の場)
食品メーカーでの商品開発、研究機関での新加工技術の研究者、食品製造・加工現場での品質管理、学校や食品工場での衛生管理、食品メーカーでの品種改良研究、JA職員や公務員としての農業技術指導、植物工場など新技術開発、大規模農園の運営、食品メーカーでの企画・営業、地域活性をめざす事業プランナー、市場調査に基づいた新商品企画、海外への販路拡大など

新潟食料農業大学の所在地/問い合わせ先

所在地

●胎内キャンパス

〒959-2702 新潟県胎内市平根台2416

TEL.0254-28-9840 

●新潟キャンパス

〒950-3197 新潟県新潟市北区島見町940
ホームページ https://nafu.ac.jp
E-mail nyuusi@nafu.ac.jp
ページの先頭へ

新潟食料農業大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料。大学案内を随時発送します。(願書は8月下旬より順次発送予定)

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料。大学案内を随時発送します。(願書は8月下旬より順次発送予定)

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで新潟食料農業大学の情報をチェック!