桐蔭学園小学校 | 学ぶこと/学校生活・教職員 - 進学情報は日本の学校
  • とういんがくえんしょうがっこう
  • 桐蔭学園小学校

    • (小学校 /私立 /共学 /神奈川県横浜市青葉区)

桐蔭学園小学校の学ぶこと/学校生活

給食

制服

土曜日
補習

特色ある教育活動 【教科】
●グローバル教育
国際化・グローバル化に関する興味・関心を喚起し、英語をはじめとするコミュニケーションツールの価値を理解しながら、習得と探究のプログラムによるカリキュラムで基礎的英語力の充実を目指します。習得では英検資格に特化し、小学校卒業時に英検4級取得を目指すプログラム、探究では海外の子どもたちとの交流をメインにオンラインを活用し、各学年に適したテーマにより探究活動を行うプログラムで学びの充実を図ります。整備されたラーニングスペースにGlobal Spaceも新設し、英語授業だけでなく、休み時間も児童が利用しやすい環境を整えました。

●ICT教育
2020年度より全学年全ての児童にタブレットPCを導入しました。1人1台のタブレット環境での学習に適した授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」を導入し、資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が簡単にできるようになり、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びが可能となりました。児童の思考を深め、主体性や他者との協働性を高めるデジタル版シンキングツールも導入し、ICTを積極的に活用しています。
【領域(道徳)】
桐蔭学園は、知育、徳育、体育、情操教育がそれぞれにバランスのとれた教育であることを志しています。その中で、徳育においては、ホームルームをはじめ、道徳・総合学習などで、思いやりのある心やリーダーシップ、セルフコントロールなどの力を育てる教育を行います。
【特別活動】
●合唱団
桐蔭学園小学校合唱団は、放課後を使って楽しく、そして真剣に活動に取り組んでいます。合唱団では「一人一人が輝ける合唱団」という目標を掲げています。この目標は、団員みんなが平等であり、全員が輝いてこそ素敵な合唱を作り出せるという子どもたちの意見で決まりました。「輝けるためにはどうしたらよいか」を日々模索しています。
●ソーラン
ソーランチーム「鉄~KUROGANE~」は、結成4年目に突入します。4年以上の有志児童で構成され、「原宿表参道氣祭スーパーよさこい」「大江戸ソーラン祭り」「町田夢舞生ッスイ祭」の3つの大舞台で演舞を披露しました。観てくださる方々に“元気”や“笑顔”をとおして、「桐蔭魂」を届けられるように日々の練習に一生懸命取り組んでいます。
●鼓笛隊
小学部の「鼓笛隊」は、打楽器中心の「鼓笛」に始まり、リコーダーや鍵盤ハーモニカなどを入れた「鼓笛隊」となり、徐々に木管・金管楽器を取り入れた「吹奏楽」へと成長しました。県の音楽会や合奏コンクールなどにも参加しています。

上記以外に14種類のクラブがあり、4年生から入ることができます。
【総合的な学習】
●探究
総合学習をはじめ、様々な教科で一つのテーマについて個人やグループで考える活動を行います。パソコンやタブレット、ロボットなどを使いながら、プログラミング的思考力や問題解決能力を育みます。学びでも遊びでも行事でも、どんなことにも楽しみながら一生懸命にチャレンジする心、最後まで諦めずに全力で向かう気持ちが、「もっとできるようになりたい」「もっと知りたい」「もっとやりたい」という主体性や向上心を育みます。毎日の生活や一つ一つの行事から得られる多くの経験を通じて、自ら考えたり、判断したり、行動したりしていくことが、仲間と共に協力し合い、やり遂げていく達成感と実績に結びつきます。
これからの新しい時代を生きていく子どもたちに必要な適応力・柔軟性の基になる「自ら課題を見つけて解決していく力」の基礎をスキルの面と人間性の面の双方から育んでいきます。
【その他】
●異学年児童の仲がいい
登下校で同じ地区の異学年をそれぞれに1つのグループとし、地区別グループを編成しています。このグループで毎日のように清掃をしています。これにより、上級生から下級生までがみんな顔見知りとなり、仲良くすることができます。万が一、台風や大雪、地震などの災害が予想される場合は、この地区別グループで集団下校をします。
●キャリア教育
総合学習や道徳の授業をはじめ、委員会活動や学校行事、異学年交流などを通じ、周囲に目を配り、コミュニケーションを図り、他者と協働できる自律した子どもを育てます。自分の将来について考える姿勢や能力を育む機会として、総合学習での活動や、委員会や行事の運営をより一層児童主体にしています。給食の時間には、6年は1年の教室へ、5年は幼稚園へお手伝いに行き、昼休みも楽しく過ごします。下校方面別の学年縦割り班で構成されている地区別グループでは、毎日の清掃や、災害に備えた下校訓練などの活動を行います。このような異学年交流を通じ、上級生は下級生のことを考え、下級生は上級生への憧れをもって成長していきます。
カリキュラム 「知識量のみでは勝負できない新たな社会で必要となる力を養う」ために、桐蔭学園小学校では以下を軸とした教育を目指しています。
*アクティブラーニング型授業
「わかる」ことで、「できる」体験を重ね、「考える」楽しさや自信を得る
*探究
掘り下げていくからこそ、次の「知りたい」「やりたい」に出合うことができる
*プログラミング教育
ものごとを順序立てて考えることから、見通しをつける力や広い視野、論理的思考力や想像力、創造性を育む
*キャリア教育
自分からやってみることで「主体性」が育まれ、将来のさまざまなチャンスにつながる

AI時代で輝くために必要となる力、「問題解決能力」「コミュニケーション力」を育みます。
給食について ●週4回(月・火・木・金)は給食、水曜はお弁当の日
週4回の給食は、学園内の食堂で作られているので、温かいものは温かいまま、できたての給食をご提供しています(一部アレルギー対応食もあり)。栄養士さんが考えた栄養バランスのとれた給食は、子どもに人気のメニューも多く、大事な子どもの成長を見守る保護者の方にも安心していただけます。
制服について 男子は冬はブレザーでスタイリッシュに、夏はボタンダウンでさわやかに。
女子は県内唯一のボレロスタイルです。
動きやすいストレッチ素材を使用し、付着した汚れを生地に深く浸み込ませない特殊加工が施されています。生地はご家庭で洗濯できるウォッシャブルタイプです。
学校行事 4月: 入学式・1年生を迎える会・学校探検・健康診断
5月:遠足・全学園合同避難訓練・校外学習・造形遊びの日・授業参観
6月:スポーツフェスタ・田植え(5年)
7月:七夕子ども会・サマーキャンプ(1~4年)・サマースクール(5年)・修学旅行(6年)・水泳講習(4~6年)・夏期講習(5・6年)
8月:防災下校訓練・学園文化祭(学園全体)
10月:運動会(幼小合同)・稲刈り(5年)
11月:校内マラソン大会・校外学習
12月:表現の日・もちつき会・クリスマス子ども会
1月:書き初め会・授業参観
2月:ウィンターキャンプ(5・6年)・TOIN ART COLLECTION(学園全体)
3月:送別音楽会・卒業式
土曜日について 2021年4月より全学年学校5日制
PTAの活動内容について ●父母会として、全学年から6名の役員と各クラス2名ずつの代議員を選出して構成し、小学校の教育活動を支援していただいています(主な活動として、学園文化祭でのバザーやもちつき会の手伝いなど)。
●保護者の参加行事としては、年3回(4・5・3月)の学年/学級保護者会、年1回の父母総会(5月末)、個人面談(7・12月 ※1年は7月に家庭訪問)、年2回の授業参観(5・1月)があります。
●保護者が見学できる学校行事としては、運動会(10月)、送別音楽会(3月)があります。
補習について 希望者、または指名された児童が放課後の勉強会に参加することができる。

桐蔭学園小学校の教職員

教職員数 48人  (教員数  42人、職員数  3人)
(非常勤 3人) 事務、運転、営繕、植栽、印刷、食堂 等、学園組織で業務を行っています。
(2021年6月現在)
外国人講師について 授業は全学年とも週2時間で、1クラス2グループに分けて、日本人とネイティブの教師が1コマずつ担当します。どちらも会話重視の授業ですが、ネイティブの授業で理解不足のところを日本人教師の時間にフォローするなどの体制も万全です。
ネイティブの先生と一緒に給食を食べたり、毎日朝・昼休み・放課後に鬼ごっこをして遊んだりしています。皆ネイティブの先生が大好きです。
カウンセラーについて スクールカウンセラーが学園内に常駐。小学校には毎週定期的に巡回し、児童の様子を観察し、教員とカンファレンスを行う。また、希望に応じてカウセリングを行う。
pagetopへ

桐蔭学園小学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒225-8502 神奈川県 横浜市青葉区鉄町1614

TEL.045-972-2221(小学校第1執務室直通) 
045-971-1411(代表) 
FAX.045-971-1490 

ホームページ https://toin.ac.jp/ele/
pagetopへ

スマホ版日本の学校

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで桐蔭学園小学校の情報をチェック!