桐蔭学園小学校 | 施設設備/教育環境・卒業生の進路 - 進学情報は日本の学校
  • とういんがくえんしょうがっこう
  • 桐蔭学園小学校

    • (小学校 /私立 /共学 /神奈川県横浜市青葉区)

桐蔭学園小学校の卒業生の進路

系列中学校への進学状況 桐蔭学園中等教育学校(卒業生112人中96人が進学)
※2021年4月に進学
系列高校の大学合格実績 東京大5、京都大2,一橋大2、東京工業大7、横浜国立大22、早稲田大78、慶應義塾大76、上智大60、東京理科大134、青山学院大155、中央大145、法政大114、明治大155、立教大84 他
(2021年3月合格実績)

桐蔭学園小学校の施設設備/教育環境

セキュリティー・安全対策について ●学園内セキュリティ対策
・出入口他主要箇所の防犯カメラ設置
・来校者の学校受付窓口対応→受付にて名簿記入と来校者証着用の義務付け
・登校後のゲート施錠と下校時のゲート解錠
・学園内に警備会社職員の詰め所(京浜警備保障との契約)
・緊急通報システム(警察に直結)
・執務室に防犯グッズ配備
・避難訓練
●登下校安全対策
・登下校管理システム→登下校時にICカードをセンサータッチして保護者に児童の動向(登校・下校の連絡)をメール配信
・スクールバス→防災グッズ装備
・登校指導職員→各駅スクールバス停に教職員及び大学生補助(7~8名)を配置
・下校指導→各駅に2~3名の教職員を配置
・地区別グループ
・携帯電話・GPS発信機の所持→許可・登録制
●防災対策
・校舎・園舎の耐震・免震構造建築
・非常食・水の備蓄
・携帯用緊急避難グッズ(まもるんボックス)を全員に1セットずつ用意
・南海トラフ地震注意情報発表→全学休校
・在校中に大地震が発生した際のマニュアル完備
・学校安否情報のラジオ放送
・避難校ネットによる東京・神奈川私立学校の協力体制
施設設備/教育環境 ラーニングスペース(1ヶ所)、イングリッシュルーム、音楽室、ハーモニーホール(学年3クラス合同で合奏ができる大音楽室)、図工室(2室)、美術ギャラリー、理科室(2室)、PC LAB.(パソコン室2室)、書道室、家庭科被服室(改築中)、マルチルーム(4室)、マルチパーパスホール、スタディルーム(2室)、視聴覚室、体育館、グラウンド、その他1,800人を収容できる「桐蔭学園シンフォニーホール」で著名な演奏家や劇団などプロの芸術家を招き、音楽、演劇、映画、講演など世界一流の芸術・文化にじかに接することができます。
一貫教育 小学校の子どもの成長力には目をみはるものがあり、この「伸びる」力は、一貫教育の下で共通する教育理念である「育てる・伸ばす・鍛える」に基づく方法に支えられて飛躍的に高まります。各々の段階の教育が真の意味で緊密に有機的に連繋し、子どもの「伸びる」力を最大限に発揮できる教育を実現しています。
教育相談(いじめ対策など) 本校にはスクールカウンセラーが常駐し、希望する生徒や保護者に対してカウンセリングを行っています。学校生活を送る中で、どんな児童にも悩みや相談したいことなどがあります。その多くは、友人や家族との会話の中で解消していくものかもしれません。親しい先生に相談をすることもできるでしょう。しかし、スクールカウンセラーもその選択肢の一つです。専門的な視点からのアドバイスが児童の気持ちを楽にしてくれる可能性もあります。お子様の教育について悩みを抱える保護者の方にもスクールカウンセラーが対応しています。

また、可能な限り未然に防止できるよう、定期的に児童にアンケートを行い、いじめは、「どの子どもにも、どの学校でも起こり得る」ことを十分認識し、早期発見に努めています。「いじめは人間として絶対に許されない」との意識を児童一人一人に徹底するよう努めています。
IT環境 2020年度より全学年全ての児童にタブレットPCを導入しました。1人1台のタブレット環境での学習に適した授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」を導入し、資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が簡単にできるようになり、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びが可能となりました。児童の思考を深め、主体性や他者との協働性を高めるデジタル版シンキングツールも導入し、ICTを積極的に活用しています。緊急事態宣言下にて通常授業ができなかった際も、インターネットを利用した学習支援を実施することができました。
その他、普通教室全室に電子黒板を設置・Apple-TVの設置・学習支援アプリ「すらら」導入など。
併設校/系列校 桐蔭学園幼稚園(共学)
桐蔭学園中等教育学校(共学)
桐蔭学園高等学校(共学)
桐蔭横浜大学・大学院
学童保育について 運営:特定非営利活動法人放課後NPOアフタースクール
開室日:平日の授業終了後から最長18:30まで
対象:1年~6年
会員:希望入会有料制
(レギュラー利用/スポット利用/レギュラー+スポット利用 の3パターン)

※定期プログラムとスペシャルプログラムあり、利用料と別途プログラム費用がかかる
※下校スクールバスあり

・安心安全でかつ充実した学園施設内で活動しています
・“好き”を伸ばす多彩なプログラムが充実しています
・学園の教育方針に合わせた内容での運営となっており、スタッフは先生方に日々の様子を毎日報告し、生活習慣も含め、幅広い活動を連携してサポートしてくれています
図書館の整備・充実度 専任の司書教諭
図書室(蔵書約8,000冊)
図書展示コーナー
司書教諭による図書館ニュース http://toin.ac.jp/ek-lib/
桐蔭学園電子図書館 http://ufinity.toin.ac.jp/
pagetopへ

桐蔭学園小学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒225-8502 神奈川県 横浜市青葉区鉄町1614

TEL.045-972-2221(小学校第1執務室直通) 
045-971-1411(代表) 
FAX.045-971-1490 

ホームページ https://toin.ac.jp/ele/
pagetopへ

スマホ版日本の学校

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで桐蔭学園小学校の情報をチェック!