北海道 北海道帯広農業高校 | 自分たちで作った「まごころパン」を慈善販売 被災地へ全額を寄付 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

北海道 北海道帯広農業高校 食品科学科小麦班のみなさん

この学校を詳しく知ろう

北海道東部、十勝地方のほぼ中央に位置する帯広市に、今年創立91周年を迎える北海道帯広農業高校がある。開校以来、「礼儀・協働・勤労」の校訓の基に「農と食と環境」の実学教育を展開するとともに、「礼儀正しく、進んで学び、思いやりのある生徒」の育成に努めてきた。生徒も、同校の歴史と伝統に培われた精神を理解し、日々の学習や部活動だけでなく、地域との交流や社会貢献活動にも生かしている。

今年の3月31日には、食品科学科小麦班の生徒が、東日本大震災の被災地に贈る義援金を集めようと、自分たちで栽培した小麦を使って手作りしたパンを、帯広市役所内の売店でチャリティー販売を行った。

同班の生徒は、昨年から授業の一環として、市内のパン屋さんが店舗横の畑で栽培している春まき小麦「ハルユタカ」の種まき時から参加。総合実習の時間や放課後を利用して、草取りなど畑の管理を担当している。昨年は現在の3年生が栽培し、8月に約50キロの小麦を収穫した。

今回チャリティー販売したパンは、この小麦を使って、パン屋さんの指導を受けながら、一緒に考案したハート形のパンを製作。“帯広から真心を届けたい”と「まごころパン」と名付けた。

「まごころパン」は、石臼びき全粒粉の生地に、十勝産の牛乳と生クリームを練り込んだ牛乳パンで、生徒は一つひとつ心をこめて仕上げ、307個を用意した。

そして31日、市役所内の売店前には、生徒の想いに賛同した市民が販売開始前から長い行列を作り、わずか26分で完売した。

パンを購入した市民は「私にもできることをしようと思ってパンを買いに来た」「今回の活動は、高校生にとってもいい経験になると思う」と話していた。

北海道では修学旅行などで東北地方を巡る学校も多く、チャリティー販売に参加した生徒も中学生のときに訪れた思い出の地。それだけに「被災地の人に真心を届け、少しでも役に立ちたい」と力を込める。

小麦班の生徒は、「今回の活動は、地元のパン屋さんやNPO、市役所内のショップなど多くの人の協力で実現できた」と感謝していた。

なお、「まごころパン」の売上金4万6050円は、全額、被災地への義援金として贈られることになっている。
(2011年5月掲載)

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾