北海道 旭川藤女子高校 | フィリピンの子どもたちと音楽交流 鍵盤ハーモニカ寄贈 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

北海道 旭川藤女子高校 1、2年生6人の生徒たち

この学校を詳しく知ろう

北海道 旭川藤女子高校 1、2年生6人の生徒たち1
北海道の旭川藤女子高校の1、2年生6人が今年1月、フィリピンのパナイ島イロイロ市の小学校を訪問。鍵盤ハーモニカ30台を寄贈し、音楽指導や折り紙、ダンスなどで児童たちと交流した。

生徒たちが同国でボランティア活動を行うのは今回が初めて。きっかけは、現地の貧困地区の教育支援・青少年活動を行うNGO「LOOB(ロオブ)」の代表が同校系列校の卒業生で、「フィリピンの学校は楽器が不足し、満足な音楽教育ができない」との訴えを聞いたことから。生徒たちはその要望に応え、2016年3月に鍵盤ハーモニカ10台を送った。さらに同校は、現地の現状を実際に取材し、子どもたちと交流を深めようと「フィリピンスマイルプロジェクト」を立ち上げ、鍵盤ハーモニカの提供と現地を訪問する生徒を募集、6人の生徒が参加することになった。

6人は生徒たちから提供された鍵盤ハーモニカ30台をきれいに点検、鍵盤に「ドレミファソラシド」が分かる音階シールを貼った他、着物の端切れでカバーも作った。

そして現地では、小学校の児童に鍵盤ハーモニカの弾き方を指導し、「さくらさくら」などを一緒に演奏した。

「英語で教えるのは難しかったが、子どもたちはすぐに打ち解けてくれた」と笑顔の生徒たちだったが、ゴミ山での見学でフィリピンの子どもたちのおかれた現状を知り、「今後も貧しい子どもを支える活動を続けたい」と力を込めていた。
(2017年2月掲載)
北海道 旭川藤女子高校 1、2年生6人の生徒たち2北海道 旭川藤女子高校 1、2年生6人の生徒たち3北海道 旭川藤女子高校 1、2年生6人の生徒たち4

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾