山口県 萩高校 | 萩の地酒需要拡大へ考案 ノンアル甘酒の利益全額寄付 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

山口県 萩高校 人文社会科学科2年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

山口県 萩高校 人文社会科学科2年生のみなさん1
山口県立萩高等学校の人文社会科学科の生徒が「萩を元気にしたい」と、地元萩市の酒造場と共同開発し、販売したノンアルコール甘酒の利益全額15万円を、萩市に寄付した。

甘酒を考案したのは同科の2年生5人。探究活動「アクティブ・リサーチ」の取り組みとして、萩市の地酒の国内需要拡大につなげるため、お酒を飲めない人にも身近な商品にしようと、未成年でも飲めるノンアルコールの甘酒を考案。地元の酒造場(澄川酒造場)に協力を依頼した。

昨年12月、甘酒作りがスタート。生徒たちは同社従業員の指導で、蒸した酒米に種麹を振りかけて手でもむ「床もみ」や「仕込み」などを体験し、10日間で300ml入り瓶約1000本の甘酒を製造。ラベルデザインも自分たちで考えた。

同校生徒へのアンケートを基に、萩高生がよく立ち寄る上位4店舗と松陰神社での販売を決め、12月末から販売を開始。生徒たちも売り場に立ち「上品な甘さで飲みやすい甘酒ですよ」と参拝者や来店客に呼びかけ、全店舗で完売した。

1月20日、5人の生徒は同社社長と萩市役所を訪問。「地域活性化のために役立てて」と、市長に15万円を手渡した。

生徒たちの萩への熱い思いがこもった寄付に、市長は感謝の言葉を述べると共に、地域と一緒に達成した今回の活動に「人生において貴重な経験になるはず」と励ました。
(2021年3月掲載)
山口県 萩高校 人文社会科学科2年生のみなさん2山口県 萩高校 人文社会科学科2年生のみなさん3

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾