善きことをした小学生・中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている小学生・中学生達を紹介します。
子供達の活躍を、ぜひご覧ください。

神奈川県 綾北中学校 マーチングバンド部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

神奈川県下で最も新しい市、綾瀬市に1973(昭和48)年創立の市立綾北中学校がある。同校の生徒は、勉学はもちろん、部活にも懸命の努力することで知られている。中でもマーチングバンド部の活躍は、全国トップレベル。2000年から本格的なマーチングバンドとしてスタートし、03年には全国大会初出場、そして2度目の出場で全国1位に輝くなど、優れた実績を残している。活動も大会出場だけを目標とするのではなく、老人ホームへの慰問、同市内にある厚木基地内でのイベント出演など、地域の様々なイベントでも大活躍している。

そして、この地域の人々との日頃の交流の積み重ねが実を結んだのが、5月5日、綾瀬市文化会館大ホールで開催したチャリティーコンサートだ。

同コンサートは、東日本大震災被災地の復興支援を目的としたもので、震災後、連日報道されるニュースで被災地の現状を知った部員たちから、「自分たちも何か協力できないか」との意見が出、「自分たちの音楽で応援しよう」と急遽開催が決まった。

コンサートには新入部員24人に加え、3月に卒業したメンバー25人が応援に駆けつけ、計120人が出演。2部構成で、1部はパートごとに、ガードショー、バッテリーショー、ブラスショーを披露したほか、ゲストの「横浜音泉倶楽部」が演奏を行った。2部は「いろ(色)」をテーマに、いろんな色からイメージした曲を演奏。2010年度の大会曲「三国志」に加え、メンバーが客席の通路で手話を取り入れた演奏も披露し、約1500人の観客から大きな拍手がおくられた。

また、今回の同部の被災地支援の活動に賛同した観客が次々に募金し、約100万円の義援金を集めることができた。

そして5月27日、部の代表が綾瀬市役所を訪問し、市長に部員と市民の心のこもった義援金を手渡した。後日、同市から日本赤十字社に寄付されることになっている。

綾北中のマーチングバンド部では、部のテーマ「勇気と涙と感動のマーチング」の精神を生かし、今後も復興支援のための活動を続けていきたいと話している。

同部部員の今回の活動は、考える習慣を身につけ、公正な判断ができ、自分をみがき、他人を尊重し、素直な心を持って、心身共に健康な生徒の育成に努めてきた同校の教育の成果といえるだろう。
(2011年6月掲載)

あなたのまわりの素晴らしき小学生・中学生/善きことをした小学生・中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、小学校名・中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾