善きことをした小学生・中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている小学生・中学生達を紹介します。
子供達の活躍を、ぜひご覧ください。

東京都 荒川区立南千住第二中学校 レスキュー部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

東京都 荒川区立南千住第二中学校 レスキュー部のみなさん1
荒川区立南千住第二中学校では、2012年に「災害時に貢献できる中学生の育成」を目的に「レスキュー部」を創設。全校生徒の約70%が部員となり地域の防災活動に取り組んでいる。毎年夏休みには同校で防災訓練を開催。消防署や日本赤十字社の協力で避難所の設営、D級ポンプ操作、救命講習受講、炊き出し、高齢者避難誘導を実施。さらに「地域貢献」を柱に、地域主催の防災訓練や行事への参加、防災マップ作りなどを行っている。

13年からは災害時に支援を必要とする人と顔見知りになる「絆ネットワーク」をスタート。登録した高齢者宅などに安否確認をかねて毎月部員たちが訪問し、学校だよりや行事案内などを手渡しながら会話を楽しみ、絆を深めている。

14年からは近隣の保育園と連携して園児の避難誘導訓練も実施。部員が園児の手を引いて同校まで誘導し、触れ合いの時間を楽しみ、保育園に送り届ける活動だ。

これらの活動で「防災まちづくり大賞」の日本防火・防災協会長賞など、数々の賞を受賞。「部員たちの活躍で、全校生徒の防災意識も高まり、地域に貢献しようとする心も育ってきている」という。

15年には部内により高度な防災の専門的知識や技能の習得を目的に「スーパーレスキュー部」を設立。「災害時に、率先してみんなを安全に導ける大人になれれば」と話す部員たち。同校の「心が育つ防災教育」が確実に根付いている証拠といえるだろう。
(2016年10月掲載)
東京都 荒川区立南千住第二中学校 レスキュー部のみなさん2

あなたのまわりの素晴らしき小学生・中学生/善きことをした小学生・中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、小学校名・中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾