デジタルゲーム学系 ゲーム開発基礎科

ゲーム開発の基礎をしっかりと身につけたクリエイターになる

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
ゲーム開発基礎科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
ゲーム開発基礎科の特長
学科・コースについて

C++などのプログラミング言語やグラフィックデザイン、ゲームシナリオやルールなどを設定するゲーム企画の方法を学びます。制作ディレクターの指示のもとで確実な作業ができるゲームプログラマやゲームプランナー、開発アシスタントを育成します。

学べる内容

■C++実習(1年次)
ゲーム業界で最も普及しているプログラミング言語「C++」の文法を基礎から学び、実習を通してプログラム開発の手法を修得します。

■ゲーム設計(1年次)
ゲーム制作のスタートとなる「企画書」の作りかたを学びます。優秀な企画書はゲーム会社に持ち込み、現場のクリエイターから評価をもらうこともあります。

■ゲームエンジン入門(1年次)
ゲームエンジン「Unity」を使って、基本的な3Dゲームを制作します。場面構成やモデル・カメラ・ライト等の操作方法を学びながら、自分が思い描くゲームを実際に形にする過程を体得します。

■2Dゲームプログラミング(2年次)
オリジナルの2Dゲームフレームワークを利用してキャラクターや背景を描き、動きやエフェクト(効果)をつけてゲームらしいプログラムを作成します。

※デジタルゲーム学系のすべての学科で紹介されている科目が選択可能です。

資格について

■目指せる主な資格
CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、画像処理エンジニア検定、マルチメディア検定 など

卒業後、就職について

■デジタルゲーム学系の主な就職実績
任天堂(株)、(株)バンダイナムコエンターテインメント、(株)コナミデジタルエンタテインメント、アソビモ(株)、(株)フロム・ソフトウェア、(株)クラウドクリエイティブスタジオ、(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント、(株)スクウェア・エニックス、(株)コーエーテクモゲームス、デザインファクトリー(株)、(有)キュー・ゲームス、(株)カプコン、(株)セガゲームス、(株)トーセ、(株)インテリジェントシステムズ、(株)アクセスゲームズ 他多数
(2018年3月実績)

 
学べる学問
  • システム工学
  • 通信工学
  • 画像・音響工学
  • 情報学

 

目指せる職業
  • ゲームプログラマ
  • ゲームシナリオライター
  • ゲーム開発アシスタント
  • ゲームプランナー

京都コンピュータ学院の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●京都駅前校

〒601-8407 京都府京都市南区西九条寺ノ前町10-5

TEL.0120-988-680  (フリーダイヤル)  FAX.075-681-6335 

ホームページ https://www.kcg.ac.jp/
E-mail hello@kcg.ac.jp
ページの先頭へ

京都コンピュータ学院の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで京都コンピュータ学院の情報をチェック!