あーるいりょうふくし

アール医療福祉専門学校

(専門学校/茨城県土浦市)

資料請求

願書請求

理学療法学科

地元の就職に強いアールで「社会人基礎力」と
「豊かな人間性」を身につけた理学療法士になる!

  • ※2018年4月入学者対象のものです。
理学療法学科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
理学療法学科の特長
学科・コースについて

理学療法士は科学的理論に基づいた療法を行うことで、立つ・歩く・寝る・起きる・曲げる・伸ばすといった基本動作の回復・維持を図り、患者様の社会復帰を援助するリハビリテーションの専門職です。理学療法学科では、最新の医療技術や知識の習得はもちろん、患者様の立場で物事を考えられる豊かな人間性を備えた医療人、さらにはチーム医療の担い手となるセラピストを育成します。

学費について

●2018年度納入金
[理学療法学科]150万円
※別途諸費用が必要となります

●茨城県奨学資金(貸与額は月額36,000円)または日本学生支援機構奨学金
詳しくはお問い合わせください。

資格について

●理学療法士国家試験受験資格
●文部科学大臣認定称号 高度専門士
●大学院入学資格

学べる内容

■1000時間を超える臨床実習で実践力を磨き、「社会人基礎力」と「豊かな人間性」を身につけます
本校ではカリキュラムの約25%(1000時間)を超える臨床実習を実施しています。経験豊富な指導者のもと、知識と技術の定着を図り、実践力を磨きます。地域との密な関係を活かしたボランティア実習とあわせて「社会人基礎力」の向上にも力を入れています。本校ではOSCE(客観的臨床能力評価試験)に基づく授業で、実習の学びをより効果的にしています。

■理学療法士国家試験合格を、万全の国家試験対策で強力にバックアップ!
理学療法学科では、卒業と同時に理学療法士国家試験受験資格を取得し、国家試験に臨みます。国家試験突破に向けた特別対策授業を低学年次よりスタートし、実技を含めた専門技術の向上を積極的にサポートします。大学と同じく4年制のため、卒業すると高度専門士として大学院受験資格が得られ、進学の道も開けています。

■チーム医療の担い手として、地域医療・福祉を支えるリハビリ専門職を育てます
病院・施設では、さまざまな医療・福祉分野の専門家が連携して、いち早く患者様を社会復帰させるため治療にあたっていく「チーム医療」が進んでいます。本校の強みの1つは他学科併設により「チーム医療」を体感できるところです。他学科と連携して行う演習を通じ、お互いの役割や仕事への想いを理解していきます。

卒業後、就職について

■講師陣の徹底したサポートにより、地元の医療機関・福祉施設などでたくさんの卒業生が活躍しています
就職活動をするときに、頼りになるのが就職指導センター。担任の先生とセンターが、学生ひとりひとりの夢を叶えるために、豊富な経験と医療福祉業界で培った信頼と実績によってきめ細かくバックアップします。さらに在学中のみならず、卒業後も定期的に各ジャンルの最新技術を学ぶ機会を数多く設けています。在学中に学ぶ高い専門性と卒業後の継続学習が、現場での対応力をあげていきます。

■主な就職先(2017年3月卒業生実績)
会田記念リハビリテーション病院、立川記念病院、筑波記念病院、筑波大学附属病院、水戸済生会総合病院 他

施設設備

■三次元動作解析システム
専用のマーカーを被験者に取り付け、歩行や動作を三次元座標データとして取り込み解析することが可能です。

■アクティブバランサー 重心動揺解析装置
主に脳神経障害、骨折、靭帯損傷等のスポーツ障害を受けた方々を対象に身体のバランスを静的・動的両面から解析します。

■超短波治療器 マイクロウェーブ
超短波(マイクロ波)を照射する装置です。組織深部への温熱作用を特徴とし、臨床的には五十肩、腰痛症等の治療に活用されます。

■水治療室
浮力、抵抗、水流の刺激などを利用した身体機能の改善について学びます。水中トレッドミル、渦流浴槽(上肢・下肢・全身用)を備えています。

■水中トレッドミル
浮力により足にかかる負担を軽減し、水圧による抵抗を加えながら歩行練習をします。

独自の学習システム

■客観的臨床能力評価試験(OSCE:オスキー)に基づく授業の導入で、より効果的な学びを実現
理学療法士はケガや病気で身体に障がいのある方に運動療法や物理療法などを用いて、座る・立つ・歩くなど基本動作能力の回復・維持・向上を図るリハビリテーションの専門職です。本校ではOSCEを導入した授業で、臨床能力を客観的にとらえ、各自の問題解決能力と技能レベルを向上させて、実習での学びをより効果的にしています。

その他の特色

○地元医療機関への抜群の就職実績、アールの先輩が活躍しています。
○アールの理学療法学科は実践重視のカリキュラムを用意しています。
○万全の国家試験対策で理学療法士国家試験合格を強力にバックアップ!

 
インタビュー
M さん

卒業生 M さん(公益財団法人 筑波メディカルセンター病院 勤務/2011年3月 卒業)

退院される患者様からの感謝の言葉がやりがいに。

両親が医療系の仕事をしているため小さい頃から医療に興味があり、病院内で働ける理学療法士を目指そうと思いました。アールでは解剖学や運動生理学の授業が一番印象に残っていますね。最初は苦手な教科も先生方がわかりやすく教えていただけるので徐々に興味を持ち、自宅でも進んで勉強するほどになりました。現在の仕事は、緊急搬送される重症患者様や様々な疾患の患者様の社会復帰を目的としたリハビリテーションを提供しています。忙しく大変な仕事ですが、日常生活動作が向上して、担当する患者様からの感謝の言葉を聞くと、理学療法士としての手応えを感じます。今後は心臓リハビリテーションに携わり、社会のニーズに沿ったリハビリテーションを提供していきたいです。

S さん

在校生 S さん(理学療法学科 4年)

理学療法士を目指しクラスの仲間たちと日々技術や知識を磨いています。

小さい頃から野球をしていてケガをすることも多く、その度に理学療法士の方にリハビリなどでお世話になっていました。看護師であった母の影響もあり、理学療法士を目指そうと思いました。アールは医療器具や設備が充実していて、実習期間も長く、4年制でしっかり学べる部分に魅力を感じました。クラスの仲がとても良いので、得意・苦手科目を教え合い、クラス一丸となって頑張っています。実際に臨床に出て困らないように技術を磨き、知識を増やしてくため、日々授業外などでも自主的に学ぶようにしています。将来は高齢者の方達など幅広い年代の方を支援して、患者様から信頼されるような理学療法士になりたいです。

W さん

在校生 W さん(理学療法学科 4年)

友人や経験豊富な先生方に支えられる贅沢な環境で日々学んでいます。

スポーツに関わる医療系の仕事に興味がありましたが、祖父が病気になった時に理学療法士の方に大変お世話になり、リハビリなどの様子を間近で見てさらに興味をもちました。かなり進路選択に悩んでいましたが、アールのことをいとこから勧められ、オープンキャンパスでの雰囲気が気に入り入学を決意。友人にも恵まれ、先生方のサポートに支えられ、すごく贅沢な環境にいると実感しています。現場での経験が豊富な先生方ばかりなので、実際に先生が経験したリアルな現場の話を聞くことができるのもアールの魅力。アールの先生のように人と人との関わりを大切にできる理学療法士になりたいです。

 
学べる学問
  • リハビリテーション学

 

目指せる職業
  • 理学療法士
  • 病院スタッフ

資格
  • 理学療法士

アール医療福祉専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒300-0032 茨城県土浦市湖北2-10-35

TEL.029-824-7611 

ホームページ http://www.a-ru.ac.jp
E-mail gakkou@tib-r.co.jp
ページの先頭へ

アール医療福祉専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホでアール医療福祉専門学校の情報をチェック!