東放学園専門学校

東放学園専門学校

放送芸術科2年

吉岡 莉奈さん

(北海道立網走南ヶ丘高等学校)

○将来の夢:バラエティー番組のディレクター

○趣味:動画作り

○高校の時の得意科目:化学

1
テレビ業界に特化した学校。ここなら将来役立つ勉強ができると確信しました!
東放学園専門学校に入学した決め手はテレビ業界に特化して学べることと、体験入学での印象。体験入学でディレクターやフロア、タイムキーパーなどさまざまな職種を体験しましたが、そのとき感じたスタジオでの緊張感から、ここでなら将来に絶対役立つ勉強ができると確信しました。

そもそもこの業界をめざすきっかけになったのは、中学校卒業の時、仲良しだった校長先生が定年退職されるため、校長先生の卒業式をプロデュースしたこと。地元新聞にも掲載され、校長先生にとても喜んでもらうことができ、企画を立てることの楽しさを知りました。北海道で育った私にとって、東京は交通事情も街もすべてがまるで異国のように見えて暮らしていけるか不安になりましたが、テレビ業界をめざすならいずれ東京に行くと決めていたため、東京への進学を決めました。
体験入学でのスタジオの緊張感が決め手
2
歌番組を制作する実習でプロデューサーを担当しています。
今一番力を入れているのは「番組制作演習」。生放送の番組を作る全学科合同の授業で、スタジオでの番組と番組内の中継コーナーを担当する班に分かれて作業しています。カメラマンや照明、美術、音声などを他学科の学生が担当し、放送芸術科の学生は企画・制作を担当します。
私は今、音楽番組のプロデューサーを担当。自分たちで決めたアーティストのどこを掘り下げて紹介するか、企画を考えています。他学科の技術担当の人たちに番組の意図や希望をプレゼンし、相手が想像できるくらいにイメージを共有できないと意図した番組を作ることはできません。そのため、人に的確に伝える力も授業を通じて学んでいます。

1つの番組の本番を進めている最中に、同時並行で他番組の中継コーナーや次の番組の企画づくりを進めているため、スケジュールを調整するのがとても難しく、放課後も学校に残って作業をすることがほとんど。それでも苦にならないのは面白くて楽しいから、そして先生の存在です。企画、台本などすべてを先生がチェックし、自分が伝えたい思いを上手く言葉で表現するためのアドバイスをしてくださいます。職員室にいつも出入りして先生と相談しながら進めています。
今後、情報番組の制作ではディレクターを担当する予定のため、全力でがんばりたいと思います。
実習は他学科の学生と合同作業です
3
クラスメイトも先生も面白い人ばかり!いつも賑やかな学校生活です。
楽しいものを作りたいと思っている人が集まっている学校のため、人間として面白い人がたくさんいます。20代の人も多く出身地もさまざまですが、明るい人たちばかりで一緒に企画を考えたり冗談を言いあったり、とにかく毎日賑やか。
先生方も面白い先生が多く、普段は廊下で会うとあいさつ代わりに茶化されたり。先生とは仲がよいですが友達のような存在ではなく、進路相談をした時は真剣にアドバイスしてくれるなど頼れる存在。何かぶっとんだ企画をやってみたいと思った時、普通なら難色を示されるようなことでも、「吉岡さんが面白いと思っているならそれでいい」と受け入れてくれる先生もいます。自分のやりたいことがしっかり定まっていたら、意見を受け入れてくれる。素晴らしい先生に恵まれているなと思います。
先生もクラスメイトもみんな賑やか!
5
バラエティー番組のディレクターを経験し、コメディドラマをつくりたいです!
将来の夢はバラエティー番組のディレクターです。最終目標は今までにないコメディードラマをつくること。普段バラエティー番組をよく見ますが、中でも好きなのは秘境で暮らしたり普通ではない経験をした一般の人を取りあげた番組です。芸能人が面白いことをしたら面白いのは当たり前。そうではなく真面目に頑張っている一般の人をピックアップして面白くみせることができたらどんなに楽しいだろうとワクワクします。

夢を叶えるため、授業では色々なジャンルの番組のディレクターを担当するようにしています。自分の辛い経験でさえ笑いに変えることができるように、どんなことでも面白いことにつなげる力を養うため、日々全力で過ごしています。
色々なジャンルの番組に挑戦中!
6
実践的で将来役立つ授業ばかり。ぜひ東放学園で夢をめざしてください。
東放学園専門学校には、大学や他校では味わえないような実践的で将来につながる授業がたくさんあります。1年生で学んだことが2年生の授業で役立っていて、卒業したら現場で役立つと確信しています。時間が足りないと思ってもどんなに忙しくても、面白い人たちに囲まれて、夢に1歩ずつ近づいている実感ができて楽しいです。みなさんもぜひ、東放学園専門学校で夢をめざしましょう!
設備が充実している!
テレビスタジオはもちろん編集室や撮影機材も揃っていて授業や自主制作活動でも使うことができます。また、パソコンを持っていなくても学校のパソコンで企画書の作成やスケジュール表など書類作成ができるので便利です。
学生たちが面白くて個性的!
明るくて面白い人たちが集まっていて、企画を考える時はもちろんそれ以外の日常でも面白いことを言いあい、毎日笑って過ごしています。別のクラスや他学科の学生と合同の授業もあり、色々な人と仲良くなれるのもとても楽しいです。
将来を真剣に考えてくれる、優しい先生
将来大手の会社に入るか、制作会社で働くほうがあうのかなど、将来を具体的に考える上で、たくさんのアドバイスを先生からいただいています。授業中は厳しいですが、休み時間には明るく声をかけてくる面白い先生がたくさん。他学科の先生との関わりも多く、優しい先生に囲まれています。
将来役に立つ実践的な授業が多い!
スタジオ実習や情報・歌番組、ドラマ制作など、将来役立つ実習がたくさんあります。1年の時、ロケーションハンティング(ロケハン)というロケ地を探す授業があり、指定の場所へ行き、光や音の具合を確認して地図を書く作業をしました。ロケハンは2年の授業でも行い、就職したら現場で必須なので、将来につながっていると実感します。
新宿・渋谷など楽しい場所へのアクセス良好
新宿で映画、渋谷でカラオケなど、遊ぶ場所には困りません。下北沢で古着屋さん巡りをしたり、吉祥寺の井の頭公園で自然を満喫してリフレッシュすることも。新宿で遊んだ時はいつも歩いて新大久保へ行き、食べ歩きをしています。チーズドックやチーズタッカルビなどおいしい物がたくさんあります。
2000年3月(0歳)
北海道札幌市にて生まれる
2003年12月(3歳)
網走市に引越す
2015年3月(14歳)
中学で校長の卒業式をプロデュース
中学校の卒業式で、定年を迎えた校長先生の卒業式をプロデュースし、そのサプライズ企画が地元新聞に掲載されました。また、担任の先生に動画をプレゼント。このことから企画を立てる楽しさを覚え、テレビ業界をめざすきっかけになりました。
2015年4月(15歳)
北海道立網走南ヶ丘高等学校に入学
進学費用をためるため、アルバイトをがんばる日々。友達の誕生日のサプライズに全力をかけていました!
2018年4月(18歳)
東放学園専門学校に入学
放送芸術科に入学し、夢に向かって毎日がんばっています。

東放学園専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒168-0063 東京都杉並区和泉2-4-1

TEL.0120-343-261  (入学相談室) 

ホームページ https://www.tohogakuen.ac.jp
ページの先頭へ

東放学園専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東放学園専門学校の情報をチェック!