【専門学校】東京のエクステリアデザイナーを目指せる学校特集 オススメ14校|JS日本の学校

エクステリアデザイナー/東京/専門学校検索結果一覧

14
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

エクステリアデザイナーとは

庭や玄関まわりなどの建物外部を企画・デザインする
庭や玄関まわり、駐車場、フェンスなど、建物外部の環境全般(エクステリア)の企画・デザインを行うのが、エクステリアデザイナーです。個人住宅だけでなく、ビルのエントランス(入口)や商業施設のパティオ(中庭)など、多方面で活躍します。 この仕事に就くには、建築・造園系の専門学校などで基礎を学ぶのがいいでしょう。卒業後は、工務店や建築設計事務所、造園会社などに勤務………

▶学校情報を見る

」前に一括でパンフをもらうこともできます

エクステリアデザイナー/ 東京/ 専門学校

気になる学校にチェックを入れて、「チェックした学校のパンフをもらおう♪」ボタンを押してください。

資料請求

update …最近情報が更新または追加された学校

1~14件を表示しています。(全14件)

表示されている学校にチェックをつける

  • 1

山脇美術専門学校

3年間でプロの道へ!市ケ谷駅直結デザイン専門学校。

山脇美術専門学校

日本工学院専門学校

5カレッジ22学科設置。蒲田駅から2分の都市型キャンパスで学べる

日本工学院専門学校

東京コミュニケーションアート専門学校

イラスト/マンガ/ゲーム/3DCG/アニメ/動画/デザインの総合校

東京コミュニケーションアート専門学校

中央工学校

111年を超える確かな教育実績!自らの知恵と力で歩む!

中央工学校

東京工学院専門学校

大学コースや海外提携大学との交流。自分未来を仲間と叶える学び

東京工学院専門学校

日本工学院八王子専門学校

6カレッジ34学科設置。東京ドーム8個分の未来型キャンパスで学ぶ

日本工学院八王子専門学校

青山製図専門学校

専門力+人間力で、建築・インテリア・ショップデザインを学ぶ!

青山製図専門学校

専門学校 東京テクニカルカレッジ

建築・インテリア・ゲーム・情報・Web・環境・バイオのプロに!

専門学校 東京テクニカルカレッジ

専門学校日本デザイナー学院

渋谷で学ぶ超実践!個別指導であなたの個性をワンランク上に

専門学校日本デザイナー学院

阿佐ヶ谷美術専門学校

さまざまなクリエイティブの基礎を学んで自分の可能性と出会う!

阿佐ヶ谷美術専門学校

専門学校 桑沢デザイン研究所

デザイン教育のパイオニア。本気で学ぶなら<桑沢>がよい。

専門学校 桑沢デザイン研究所

町田・デザイン専門学校

ICSカレッジオブアーツ

早稲田大学芸術学校

表示されている学校にチェックをつける

気になる学校にチェックを入れて、「チェックした学校のパンフをもらおう♪」ボタンを押してください。

資料請求
  • 1

エクステリアデザイナー

エクステリアデザイナーを目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「エクステリアデザイナーなるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

 建築物を設計する仕事です。完成までの工事内容に目を配り、設計どおりに造られているか、またいろいろな法令が守られているかを確認するのも建築士の仕事です。一戸建て住宅やアパート、マンションのような集合住宅、オフィスビル、デパートやショッピングセンターなどの商業施設、サッカースタジアムや野球場など、さまざまな建築物に建築士がかかわっています。
 建築士になるには、国家試験を受けて資格を取る必要があります。資格の種類は、一級建築士、二級建築士、木造建築士の三種類で、もっとも大きな規模の建物をあつかえるのは一級建築士です。建築系の専門学校や大学で学んだあと、設計事務所・建築事務所・建設会社・工務店などに就職して、実務経験を積みながら資格を取るのがふつうです。最近は、町全体の景観や都市の機能をふくめて、新しい建築物の企画や設計をする役割も求められる重要な仕事となっています。

建築士にインタビュー
 専門学校を卒業して、工務店で働きながら木造建築士の資格を取りました。今は独立して、個人向けの木造住宅を設計しています。
 家を建てるのは、ほとんどの人にとって、一生に一度の大イベントですよね。大きなお金を使っていただくわけですから、実際に設計を始める前に時間をかけて打ち合わせをします。どんな家を建てたいと考えているのか、予算はどれくらいなのかといったことをききながら、イメージを固めていくんです。実際に建て始めてからでは、こんなはずじゃなかったということになっても取り返しがつきませんからね。
 高齢化社会ということもあって、バリアフリー住宅の設計や地震などの災害に強い建物をたのまれることも多いですね。