【専門学校】北海道の和菓子職人を目指せる学校特集 オススメ7校|JS日本の学校

和菓子職人/北海道/専門学校検索結果一覧

7
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

和菓子職人とは

日本独自の文化ともいえる和菓子作りのプロ
和菓子は、日本独自の食文化を代表するものです。古代に穀物を加工して、餅や団子を作ったのが和菓子の始まりといわれています。その後日本に伝わった唐菓子(からがし・中国)や南蛮菓子、西洋菓子などの影響を受けて和菓子の技法は今日まで発展してきました。そんな伝統を受け継ぎながら、オリジナリティのあるお菓子を作るのが和菓子職人です。 和菓子職人になるのに必要な資格はあ………
update …最近情報が更新または追加された学校

和菓子職人/ 北海道/ 専門学校

1~7件を表示しています。(全7件)

  • ▶学校情報を見る

    」前に一括でパンフをもらうこともできます
  • 1

修学院札幌調理師専門学校

土をつくり、食をつくり、笑顔をつくる。食育がつなぐ絆の教育。

修学院札幌調理師専門学校

経専調理製菓専門学校

keisenは年中夢中!夢中になった分だけチカラになる!

経専調理製菓専門学校

札幌ベルエポック製菓調理ウェディング専門学校

業界直結教育で「体験を通して学ぶ。」

札幌ベルエポック製菓調理ウェディング専門学校

光塩学園調理製菓専門学校

函館短期大学付設調理製菓専門学校

宮島学園北海道製菓専門学校

北海道中央調理技術専門学校

  • 1

和菓子職人

和菓子職人を目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「和菓子職人なるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

製菓衛生師にインタビュー
子どもの時からお菓子作りが好きでした。絶対お菓子やさんになろうと思っていました。 
 製菓専門学校で勉強し、希望どおり菓子製造会社に就職できました。4年前に、製菓衛生師の資格を取りました。今は、洋菓子部門のサブチーフです。ケーキが好きといっても、仕事となるといろいろ大変です。新作ケーキの上にきれいな色のゼリーをかざりたいのですが、許可されている着色料の中には、気に入ったものがない。どんなに使いたい色があっても、許可されていなければだめです。いろいろ試してから、結局、天然のフルーツを使うことになったのですが、新作ケーキの特長があまりなくなってしまいました。まだまだ研究が足りません。近ごろ、子どもだけでなく、大人にもアトピーの人が増えてきました。アレルギーやアトピーの人が食べても影響のない、おいしいケーキ作りに取り組んでいるところです。失敗ばかりですが、ここが製菓衛生師のうでの見せどころ。必ず完成させますから、楽しみにしていてください。

製パン・製菓技術者にインタビュー
わたしはフランス料理のシェフになりたくて、調理師専門学校を出てからフランス料理店に就職しました。その店では、店に出すパンを毎日焼いていました。パン作りの現場にふれているうちに、本格的にパン作りをやりたくなって、パン専門店に移って修行を始めたのです。10年修行して、お金をためて自分の店を持ちました。パンは生き物です。同じ材料を同じように配合しても、いつも同じパンができるわけではないのです。日本は、気候の変化が激しく、それに応じて使う水の量などを細かく調節するので、その日の天気予報は必ずチェックします。天気によって売上げも変わるので、作る量もしっかりと計算します。店の経営のために、売れ残りが出ないように作る数をコントロールするのが、パン作りより大変です。10時開店に合わせて、4時にはパン作りにかかります。朝の早い仕事ですが、好きなパンを毎日作ることができて幸せです。