法務教官になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

法務教官になるには

非行を犯した少年を心身共に健全に社会復帰できるよう指導

法務教官は、少年鑑別所または少年院に勤務し、非行を犯した少年たちに対して深い愛情と理解を示し、専門知識に基づき、心身共に健全な少年として社会復帰できるよう指導するのが仕事です。 少年鑑別所は、主に家庭裁判所の監護措置決定によって送致された少年を収容し、その資質を調査する施設。法務教官は、少年たちを保護し、穏やかな気持ちで審判が受けられるよう心の安定を図るとともに、少年の問題性や改善への可能性を探り、相談・助言などを行います。 少年院は、収容された少年たちに立ち直りのための教育を行い、円滑な社会復帰を図るための施設。法務教官は、少年からじっくりと話を聞くことで心の奥底を解放し、自分自身を見つめなおさせ、非行を犯した問題点を克服させます。義務教育を修了していない少年には、教科を教えます。また、働くことの楽しさや喜びを学ばせるための矯正教育などを行い、社会復帰へ向けて指導します。 法務教官になるには、法務教官の国家試験に合格することが必要です。法務教官採用試験に合格すると、採用される少年院か少年鑑別所で研修を受けます。

公務員・法律・政治系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

法務教官になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

公務員・法律・政治系(公務員関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)