照明スタッフになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

照明スタッフになるには

構成や場面に合わせた効果的な照明を演出する

コンサートや舞台、スタジオ、映画撮影現場などで照明を担当し、演出・構成に合わせてプランニングからオペレーティングまでを行う専門技術職です。照明スタッフは、出演者をより引き立たせる光と影の演出家です。 専門学校などで、照明に関する基本的な知識をしっかりと身につけると同時に、コンサートホールや舞台の構造についても勉強しておくとよいでしょう。プロの照明スタッフを証明する資格としては(一社)照明学会が行なっている「照明コンサルタント」、「照明士」及び(公社)日本照明家協会が行なっている「舞台・テレビジョン照明技術者技能認定」などがあります。公共施設の照明管理責任者になる場合は、これらの資格取得が条件となります。各種ホール、スタジオなどへ就職し、照明のプランニングから操作までの経験を積み、スタッフから信頼を得てキャリアを積んでいくのが一般的です。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

照明スタッフになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(映像関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)