映画カメラマンになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

映画カメラマンになるには

映像を魅力的に捉える

 映画カメラマンは、映画の内容や演出を理解し、それにあった映像を撮影する仕事です。さまざまな場面に応じたアングルやショットで、魅力的な映像を撮影する技術が求められます。また、映画だけではなく、テレビやミュージックビデオなどの映像作品の撮影でも活躍できます。映画カメラマンになるには、専門学校などで映像やカメラの知識・技術を学び、映画の制作会社や放送会社に就職するのが一般的です。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

映画カメラマンになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(映像関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)