映像編集者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

映像編集者になるには

緻密な作業で映像作品を創り上げる

映画会社、テレビ局、テレビ制作会社などで、製作スタッフが撮影してきた未完成の素材VTRにテロップ(文字)などを入れ、映像処理をほどこしながら放送できる状態に編集する仕事です。テレビ局で編集するのはニュースやワイドショーの素材などで、そのまま放送するものがほとんどです。例えば30分の番組なら、90~180分のフィルムを時間内の枠に収まるように構成して編集します。番組づくりの最終工程のひとつで、番組の出来を左右する重要な仕事です。 専門学校などで映像機器の知識や技術を身につけ、卒業後は映画会社、テレビ局やテレビ制作会社に技術職として入社し、助手から経験を積んでいきます。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

映像編集者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(映像関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)