ミュージシャンになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ミュージシャンになるには

音楽で世界を魅了する

ジャズ、ロックなどのポピュラー音楽からクラシックまで、音楽演奏家の全般を指します。ライブやレコーディングスタジオでの演奏活動だけでなく、作曲やアレンジなどを行っている人もいます。クラシック系では音楽理論を理解し、初めて見た楽譜でも演奏できるくらいの高い能力が求められます。また、プロとして多くの人に支持されるには、基本的な技術に加えて個性的で優れた表現力が必要です。 ミュージシャンになるには、なによりも音楽に対する興味を持ちつづけることが必要です。さらに、音楽的センスや演奏技術、歌唱力も欠かせません。そして、いずれのジャンルの音楽でも理論から楽器の演奏技術まで、大学・短大・専門学校等の教育機関で磨くことができます。学校によってカリキュラムは異なってきますが、自分のやりたいジャンルで、自分にあった学校を選びましょう。 ミュージシャンとしてやっていくためには、地道な演奏活動が重要になります。また、多くのコンテストやオーディションに出るなどしてデビューのチャンスを見つけましょう。クラシック系のミュージシャンであればオーケストラの団員になる道もあります。厳しい世界ですが、年齢に関係なく続けることができ、いい音楽を人に聴かせることができる喜びのある仕事です。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ミュージシャンになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

音楽・イベント系(音楽関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)