編曲家になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

編曲家になるには

曲を自在にアレンジしていくエキスパート

編曲家の仕事は、演奏する曲に対して、使う楽器の選択や組合せや各パートの演奏の方法を考えたり、ハーモニーやリズムに変化を加えたり、さまざまなアレンジをその曲に施していきます。アレンジャーとも呼ばれることがあります。また、作曲家が自ら編曲までを手がけることも多く、この場合は作編曲家と呼ぶことがあります。編曲の出来の良し悪しがヒットになるかならないかを左右する場合もあり、曲、詩、歌手のイメージをしっかり把握する豊かな感性と音楽性が求められます。そのため、日頃から音楽に触れ、イマジネーションを高めることが必要です。 音楽の基本的な知識や理解が必要で、音楽大学や専門学校で専門的な知識・技術・センスを習得しておくとよいでしょう。さらに、弦楽器、管楽器などさまざまな楽器そのものの構造や仕組みについてもしっかりと学んでおきましょう。最近では、作曲や編曲でもコンピュータが使われますが、DTM(デスクトップミュージック)も専門学校で、身に付けることができます。 歌謡曲などのレコーディングや、TV、ラジオ、映画、ゲーム、芝居やミュージカルなどのテーマ曲やBGMなど編曲が必要な分野はたくさんあります。実力主義の世界ですので、仕事の依頼を受けるには、優れた才能と実績が求められます。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

編曲家になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

音楽・イベント系(音楽関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)