Webプロデューサーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

Webプロデューサーになるには

Webサイトを完成させるまでの責任者

Webプロデューサーは、Webサイト構築の中心的な役割の仕事です。Webサイト制作の企画・立案から制作、完成までの責任者です。そのため、Webサイト制作に関する知識と経験が重要です。そして、その上で企画力や計画力が求められます。 専門学校や養成学校などで、コンピュータやインターネット、Webサイト全般について学んでおくとよいでしょう。卒業後は、Webサイト制作会社や企業のWebサイト担当部門に所属し、Web制作の現場で経験を積んでいきます。Webサイトを成功させるかどうかは、Webプロデューサーの手にかかっているといっても過言ではないでしょう。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

Webプロデューサーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

コンピュータ・ゲーム系(コンピュータ・情報処理関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)