消防官になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

消防官になるには

火災の予防に努め、災害から市民の暮らしを守る

 消防官には大きく2つの仕事があります。1つ目は火災の消火や災害現場での救助活動、2つ目は消防設備の点検など火災が起きないようにする防災活動です。地震や台風など災害の多い日本では消防官によって助けられる命がたくさんあります。  消防官になるには自治体が実施する消防官採用試験に合格しなければなりません。その後、消防学校でさまざまな訓練を受け、消防官として活躍できるようになります。

公務員・法律・政治系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

消防官になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

公務員・法律・政治系(公務員関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)