経営者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

経営者になるには

企業経営の最高責任者。会社発展のリードオフマン

経営者とは独立して会社を興した起業家や、経済的事業を営む実業家など、民間企業のトップで経営の最高責任者のことをいいます。経営者は会社の経営戦略や運営方針などについて決定し、指示を行う重要な役割を担っています。その正否が従業員の生活などへ直接響くだけに、やりがいのある仕事ですが責任も重大です。 経営者になるには会社を創業するか、企業に就職して様々な経験や実績を積み重ね、社内外の人的ネットワークを築きながら、経営者へと昇進していく方法などがあります。最近ではIT分野など、自分の得意分野や専門分野を活かしてベンチャー企業と呼ばれる会社を興す人も多くいます。国や地方自治体、エンジェルと呼ばれる投資家グループによる支援など、起業家つまり経営者への道も広くなってきています。しかし経営面、経理面、人材、顧客管理なども全て把握しておく必要があるため、大学・短大や専門学校で、経済学や経営学などを学びながら、ビジネス社会の基本的なルールをしっかりと修得しておくことが大切です。

ビジネス系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

経営者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

ビジネス系(経営・経理・金融関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)