証券アナリストになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

証券アナリストになるには

証券投資のスペシャリスト

証券投資の分野において、高度な専門知識と分析技術を応用し、各種情報の分析と投資価値の評価を行い、投資の助言や投資管理サービスを提供するスペシャリストを「証券アナリスト」といいます。業務は個人や機関投資家に対し、投資の方針を決めるための情報の提供や、求めに応じて的確なアドバイスを行います。 証券アナリストは1920年代の米国で生まれた職業で、近年の資本市場の発達と高度化にともなって、活躍する場は多くの業態に広がり専門化も進んできています。産業・企業調査を基に、個別証券の分析・評価を行う「リサーチ・アナリスト」や、投資信託・投資顧問、信託銀行などの機関投資家には、投資目的に合った証券を組み合わせて総合的な資産運用に携わる「ポートフォリオ・マネジャー」などがあります。いずれも幅広い知識と証券市場に対する独特の感覚が必要となるので、就職後に経験を積み、関連資格を取得してからこの仕事に就くのが一般的です。資格は、日本証券アナリスト協会が実施する検定試験「証券アナリスト資格」があります。合格すると協会の検定会員になります。この資格がないと仕事ができないわけではありませんが、社会的評価は高く、顧客の信頼を得るためにも取っておきたい資格です。

ビジネス系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

証券アナリストになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ビジネス系(経営・経理・金融関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)