不動産鑑定士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ビジネス系

ビジネス系の職業

不動産鑑定士になるには

不動産を適正に鑑定評価できる唯一の専門職

不動産鑑定士は、土地や建物などの不動産を法律に基づいて鑑定評価(国家資格)できる唯一の職業です。 その中心的業務は、地域の環境や諸条件を考慮して、不動産の有効利用を判定し、適正な地価を判断すること。つまり不動産鑑定士は、不動産の価格だけでなく、不動産の適正な利用についての専門家でもあるのです。活躍の場は非常に幅広く、不動産鑑定業務で最も知られているのが、国や都道府県が行う「地価公示」や 「都道府県地価調査」「相続税・固定資産税標準地の評価」です。その他、公共用地の買収評価、相続税路線価評価、固定資産税評価、裁判上の評価、会社合併時の資産評価、さらには不動産の最も有効な利用方法を考え、提案するコンサルティングやカウンセリングなど、団体や企業、個人の求めに応じて様々な業務を行っています。 不動産鑑定士は公共性の高い仕事であり、責任感と判断力・誠実さが不可欠といえるでしょう。 試験はかなり難関で、司法試験、公認会計士試験と並んで三大国家試験(三大国家資格)と呼ばれています。合格への第一歩として、専門学校や大学などで不動産に関する行政法規などの知識を身に付けておきたいものです。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より
        

関連する動画

不動産鑑定士になれる学校を探してみよう

ビジネス系(秘書・ビジネス全般の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

不動産鑑定士が目指せる学校の一覧

パンフレットが欲しい学校にをして
←このボタンをクリック!

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)
ページの先頭へ