速記者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ビジネス系

ビジネス系の職業

速記者になるには

特殊な文字で会議や講演内容を記録する専門家

会話と同じ速度で書き取れるように工夫された速記記号(速記文字)を使って、会議の発言や会見、インタビューの記録などを目的に、話し言葉を一語一句正確に書き取っていくのが、速記者の仕事です。 速記記号で書かれた文章は、一般の人には読めません。そのため速記者は、次に普通の文字に書き直す「反訳」という作業を行います。 速記者の活躍の場は、国会、地方議会、裁判所の法廷での審議などの他、会議、講演会、対談、インタビューなどです。中でも法廷や国会での審議などは、速記者が記録した文書が証拠や根拠となるため、その役割は重要と言えます。そのため、反訳された原稿は、誤りがないか徹底的にチェックされて、完成原稿ができあがります。 速記者として活躍するためには、速記技能検定の資格を取得しておくと有利。専門学校や養成所、通信教育などで速記の技術や知識を習得することが可能です。 音声自動認識システムの導入により、国会の速記者の募集は停止されるなど、速記者を取り巻く状況は大きく変化しています。今後は、デジタル時代に即した新たな業務も増えるでしょう。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より
        

関連する動画

速記者になれる学校を探してみよう

ビジネス系(秘書・ビジネス全般の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

速記者が目指せる学校の一覧

パンフレットが欲しい学校にをして
←このボタンをクリック!

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)
ページの先頭へ