放送カメラスタッフになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

放送カメラスタッフになるには

優れた映像感覚でさまざまなシーンを捉える

テレビ局のスタジオやロケ現場でテレビカメラを操作して、番組の内容や展開を考えながらアングルをつかみ、ショットを捉え、映像をつくり出すのが放送カメラスタッフの仕事です。カメラの知識や操作テクニックに関する知識はもちろん、番組コンセプトやディレクターの演出意図を理解する能力も求められます。こうした優れた技術があってはじめて視聴者に共感される映像をつくり出すことができます。そして、その放送カメラスタッフが存分に実力を発揮できるのは、カメラアシスタントなどのスタッフのサポートがあればこそですが、一線で活躍する放送カメラスタッフも、最初はカメラアシスタントとして現場のさまざまな経験を積んでいます。 放送カメラスタッフとして活躍するには、写真や映像関連学部・学科のある大学や専門学校で必要な技術を身につけるとよいでしょう。その後、テレビ局の制作部や番組制作会社に入社するのが一般的です。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

放送カメラスタッフになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(映像関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)