ベーシストになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ベーシストになるには

低音で曲のトーンとリズムをキープ

ベースは、ドラムとともにリズムの中核を担う重要なパートです。ベーシストは、音楽全体を、そしてバンド自身を引っ張っていく存在です。相当の力量を要求されるだけに、バンドベーシスト、スタジオミュージシャンやセッションミュージシャンとしてのみでなく、トータルプロデューサーやアレンジャーとしても活躍しているベーシストが多くいます。仲間と一緒にバンド活動をしたり、コンテストに応募したりして、演奏の幅を広げていきましょう。デモテープを制作して売り込んだり、オーディションを受けたりすることにより、ベーシストへの道が開けます。その他の活躍の場としては、音楽スタジオや音楽教室の講師などがあります。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ベーシストになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

音楽・イベント系(音楽関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)