指揮者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

指揮者になるには

演奏をまとめる総監督

オーケストラの指揮者は、音楽を愛する人にとって憧れの的です。国内はもとより、外国で活躍する日本人指揮者も増えてきています。指揮者になるには、音楽と楽器に対する深い知識、卓越した想像力、演奏家たちの才能を引き出すコミュニケーション能力、統率力を備えていなければなりません。一種のカリスマ性も必要でしょう。その第一段階として、専門的な機関で学ぶとよいでしょう。 指揮専攻科や指揮科を設けている音楽大学や芸術大学音楽学部があります。そこでは、指揮の技法の習得とともに、音楽そのものを学びます。基礎としての音楽全般に対する知識、各楽器を知るための実技実習、専門分野での指揮法、これを支えるソルフェージュ、スコアリーディング、ピアノを含めた鍵盤楽器等々、学ぶべきことはたくさんあります。 将来は、オーケストラに所属をしコンサートなどで活躍をします。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

指揮者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

音楽・イベント系(音楽関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)