楽器インストラクターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

楽器インストラクターになるには

楽器演奏の技術と理論を教える音楽家

楽器インストラクターは、楽器の演奏方法や音楽理論などを、初心者からプロまでを対象に教える仕事です。演奏技術を教える仕事も、時代の流れとともに多様化しています。現在ではさまざまな年代の初心者が音楽を始めるようになり、インストラクターは幅広い才能が求められるようになりました。クラシックだけでなく、さまざまなジャンルの教室が充実してきました。楽器もピアノやギターばかりではなく、サックスやドラムなど、種類が豊富になってきました。 音楽大学や専門学校で音楽や楽器の基礎を学んでおくとよいでしょう。楽器の専門的な技術や知識はもちろん、人間的な包容力が必要です。卒業後は、音楽教室や楽器販売店などで活躍します。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

楽器インストラクターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

音楽・イベント系(音楽関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)