PAエンジニアになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

PAエンジニアになるには

観客を魅了するライブサウンドを生み出す

 コンサート会場やライブハウス、劇場などで、観客に向けた音響を整える仕事です。ボーカルやギター、ベース、ドラムなどのすべての音をひとつにまとめ、バランスを整え、聞きやすいようにスピーカーで音を出します。その音響に関わる専用の機器を配置し、操作し、「最高の音」を届けるのがPAエンジニアの仕事です。音響エンジニアと呼ばれることもあります。音響関連の会社やコンサート制作会社などに入社するのが一般的です。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

PAエンジニアになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

音楽・イベント系(音響関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)