その他 |入試改革一新入試制度 - JS日本の学校

エリア

テーマ

その他

  • 英語外部試験も活用できる一般選抜入試『R方式』

    一般選抜入学試験R方式は、1時限目が2教科80分、2時限目は英語60分の2時限構成です。知識に加えて、思考力、判断力をみるため、資料や図などが題材となる問題も出題します。また、英語外部試験の等級・スコアに応じた「みなし得点」を英語の得点に利用できます。2時限目の英語の得点と比較し、高得点を合否判定に使用します。

  • 返還義務のない「奨学生入試」を実施!

    “実学主義”の教育を通して社会で活躍できる人材を育成するために、全学部において「奨学生入試」を導入しています。「奨学生入試」合格者(全学部合計103名)には、返還義務のない年額130万円の奨学金を最長4年間支給。また、奨学生入試では一般入試が免除になる「一般入試免除合格者」も発表しています。(2020年度入試実績)

  • 「学校推薦型選抜」が大きく変わる!

    2021年度入試より、「学校推薦型選抜」が大きく変わります。最大の変更点は体育学部、教育学部の併願が可能になったこと。2020年度までの体育学部の推薦入試は専願制のみで、他学科、教育学部との併願もできませんでした。また入試方式が多様になり、種目別実技テストは3種目の体力テストに変更。教養テストは国語、英語の学科試験に変更となります。

  • 本学独自の授業料減免制度特待生選抜(チャレンジ選抜)

    特待生選抜(チャレンジ選抜)は、特に出願資格を設けず、多くの受験者にチャレンジしていただける本学独自の授業料減免入試制度です。理学療法士、作業療法士への就業意欲が高い方、経済的理由により修学が困難な方などを支援する制度です(最大4年間の授業料が免除※毎年度審査あり)。ぜひチャレンジしてみてください!

  • 「自分の可能性=ポテンシャル」を見つけよう

    関西福祉科学大学では、2020年度入試より新しい入試制度『ポテンシャル発見入試』を導入しました。ポテンシャル発見入試とは、自分の「伸びしろ」や「目標」といった「自分の可能性=ポテンシャル」を発揮してもらう入試です!オープンキャンパスで、「あなたの可能性」を広げ、深める「ポテンシャル発見プログラム」に参加してください。

  • 地域医療を担う医師を育成する奨学金貸与型の入学試験を導入

    患者さまとともに生きる医療をめざす本学では、2019年より医学部に新しい入学試験を導入しました。医師免許取得後、岩手県の地域医療の担い手として岩手県立病院等に医師として勤務することの確約などを条件に、6年間で2,160万円の修学資金を貸与します。また、条件を満たした場合、返還が免除されます。※諸条件は本学HPをご確認ください。