おうびりん

桜美林大学

(私立大学/東京都町田市)

資料請求

芸術文化学群

2018年春、芸術文化学群が大きく変わります。

  • ※2018年4月入学者対象のものです。
芸術文化学群
この学部・学科の資料をもらう
 
芸術文化学群の学科・コース・専攻一覧
演劇・ダンス専修
音楽専修
ビジュアル・アーツ専修
 
芸術文化学群の特長
就職状況

■就職率88.7%(2017年3月卒業生実績)
卒業生は、社会の様々な分野で活躍しています。
桜美林大学での充実した学びや多彩なキャリア教育・支援が実を結んだ結果と言えるでしょう。

主な就職先

積水ハウス、ジュピターテレコム(J:COM)、USEN、朝日広告、博報堂プロダクツ、星野リゾートグループ、(公財)静岡県舞台芸術センター、神奈川県教育委員会、オリエンタルランド、四季(劇団四季)、村上音楽事務所、わらび座  など(2014~2016年度卒業生実績)

カリキュラム

■演劇・ダンス専修
文学・舞踊・音楽・美術などさまざまな芸術が織りなす「演劇」。自らの感性と身体を表現手段にして描き出す「ダンス」。いずれも人間に対する深い洞察や、観る人を魅了する豊かな表現力が求められます。本専修は、あなたの表現したい想いをカタチにできる確かなチカラと自信を身につける学びを通じて、これからの舞台芸術の世界をリードできる意欲ある人材を育成します。

■音楽専修
声楽・ピアノ・管弦打楽器・パイプオルガンなどの実技と、音楽史など音楽学分野の講義科目、さらにグローバルな視点をそなえたものとして、民族音楽や邦楽、キリスト教音楽の各分野を学ぶことができます。またミュージカルやオペラの授業では、歌・ダンス・演技の学びを通し音楽劇の理解と実践に取り組み、マルチメディア作品制作の授業では、コンピュータを使った最先端の作曲技法を身につけ、あらたな時代を見据えたクリエイティブな活動に挑戦するなど、卒業後のキャリア構築にもつながる幅広い音楽表現を経験できるのが魅力です。

■ビジュアル・アーツ専修
美術、工芸、テキスタイル、デザイン、映像メディアなど、1年次にさまざまなビジュアル・アーツに関連する分野の学びを体験します。その上で自分の進むべき方向を選択し、単に作品の制作で終わるのでなく、その先のアートマネジメントの方法論まで身につけながら、従来の美術領域の枠を越え、手づくりの造形からメディアアート、さらには情報テクノロジーのスキルまでを複合的に学べる教育を展開。学生一人ひとりの個性と可能性を引き出し、プロの表現者への道を開くことをめざしています。

施設・設備

■町田キャンパス
東京都町田市にある町田キャンパスは、大学(学群)と大学院の一部の授業が行われる桜美林大学のメインキャンパスです。四季折々に多彩な表情を見せる豊かな自然。春には学校名にもある「桜」がきれいに咲きます。それはまた、勉学に最適の環境でもあります。
その特長は「門や柵がない」ことで、誰にでも広く開かれていることを象徴し、国境や文化を越えて学ぶ姿勢を表現しています。
構内にある建物には、それぞれ桜美林学園の歴史や創設者の願いが込められた名前がつけられています。
最寄り駅は、淵野辺駅と多摩センター駅。どちらの駅からもスクールバスがキャンパスとの間を往復しています。

■プルヌスホール
桜美林大学PFC(プラネット淵野辺キャンパス)内にあるホールで、管理・運営を学生主体で行うという国内の大学劇場では稀な形態を取り入れています。最新の照明、音響機器を備えた本格的な舞台は学生の実習や公演の発表の場であることはもちろん、「地域に開かれた劇場」、つまり「地域文化の中核を担う施設」として、市民参加企画やワークショップなどの自主事業、地元高校との共催事業などが行われています。

■芸術文化学群関連施設
プルヌスホールのほか、イタリア製のピアノFAZIOLIを設置した音楽ホール、パイプオルガンを設置したチャペル、ピアノを完備した34室の練習室、CG教室、染織教室、プロの映画業界と同じシネマプロジェクターを導入した映画試写室、整音準備室などがあります。

独自の学習システム

■海外研修
グローバルな視野の形成を目的に、海外研修を設けています。演劇専修では、シェイクスピア生誕の地であるイギリス・ストラトフォードを訪問します。音楽専修では、ヨーロッパなどでコンサートを開催したり、レッスンを受講するという研修を実施。ビジュアル・アーツ専修では、イギリス・ロンドン芸術大学で美術研修、ロサンゼルスの大学や映画・映像会社などでの見学や実習を実施します。

■アドバイザー
学生一人ひとりの学習に関する指導をアドバイザーとして専任教員が担当しています。学生の履修登録と成績を絶えずモニターし、1学期に最低1回は指導や助言を行っています。学生の興味・関心、将来の夢や目標に応じ、着実な学習の進め方について一緒に考えていきます。

就職指導

学生が主体的に進路を考え、選択できる能力の育成に重点を置き、入学時から一貫したキャリア教育を実施、各種ガイダンスや資格講座・業界別対策講座、さらに約500社の企業担当者が訪れる学内合同企業説明会などを実施しています。また、キャリアアドバイザーが常駐し、3年次秋学期より就職や進学など学生の多様な希望に応じて個別指導にあたります。

 
インタビュー
鈴木 愛実さん

在学生 鈴木 愛実さん(芸術文化学群 音楽専修3年)

入学当初はピアノを専攻しようと思っていましたが、3年生となった今、声楽を主専攻として学んでいます。2年生までの間は専攻を一つに絞らなくて良いため、ピアノの他に声楽、パイプオルガンにも挑戦しました。2年間を通して演奏技術を習得するだけでなく、自分の適性や、専攻として勉強したいものは何であるかなど、じっくり考えを深めてから取り組むことができます。また、先生方は、学生一人ひとりに柔軟かつ丁寧に対応してくださるので、安心です。

鎌田 亜子さん

卒業生 鎌田 亜子さん(2012年3月卒 株式会社 キネマ旬報社勤務)

映画専修は、自分の意欲のままに学びたい人ほど成長できる場所です。技術や制作など映画に関する全てを学ぶことができ、自分の進む道を自分の裁量で決めることが出来ます。
私は映画評論や脚本執筆に集中したいと思っていましたが、フィールドワークの授業ではドキュメンタリー制作を行いました。仲間たちと人間・社会に密着取材をして、人や社会に深く繋がり関わることで、自分の意識を団体の意識へ、そして社会の意識へと広げていくという映画が果たす役目を、様々な形で身を持って知ることができました。
映画専修で得たことは大きく、人と繋がることで初めて学べるという、社会で働くために一番大切な姿勢を身につけられた気がします。

 
学べる学問
  • 演劇
  • 音楽
  • デザイン学
  • 美術
  • 映画

 

目指せる職業
  • CGデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • 作曲家
  • イラストレーター
  • 俳優
  • 中学校教諭(美術科・音楽科)
  • 音楽雑誌記者・編集者
  • ダンサー
  • 演出家
  • 高等学校教諭(美術科・音楽科)

桜美林大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758

TEL.042-797-1583 

ホームページ http://admissions.obirin.ac.jp/
E-mail info-ctr@obirin.ac.jp
ページの先頭へ

桜美林大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※入学案内は随時受付中

-

●入学案内
※入学案内は随時受付中

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで桜美林大学の情報をチェック!