じょしえいようだいがく

女子栄養大学

(私立大学/埼玉県坂戸市)

資料請求

願書請求

栄養学部 食文化栄養学科

食文化・食産業の発展に貢献する実践力を養う

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
食文化栄養学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
食文化栄養学科の特長
学部・学科・コースについて

■専門性を高める多彩な選択科目とフィールド学習で総合化を図ります。
栄養学をはじめ調理や衛生、食文化など食全体の基礎・専門知識をベースにして、外食等のメニュー開発や食品開発、店舗運営、食品パッケージデザイン、食を通じた地域振興の推進など実社会で役立つ実践力を養います。
栄養学の基礎知識を身につけ、確かな調理技術と、豊かな「食」を提案するための情報発信の技法を習得します。卒業後、食の世界で広く活躍できる人材の育成を視野に入れ、デザインや表現法の実習、食コーディネート論、アジア料理実習など、栄養士養成課程にはない多彩な選択科目を用意しています。

資格について

■取得受験資格
フードスペシャリスト

■取得資格
フードコーディネーター(3級)
食生活指導士(R)一級

カリキュラム

■将来を見据えたコース別の学び

レストラン運営や外食メニューの開発、商品開発、食を通した地域振興、料理家やフードコーディネーターなど卒業後の活躍の場を考えて、3年次からコース別の科目群を用意しています。
1・2年次は食文化栄養学科としての専門科目の基礎となる栄養学、食品学、調理学、文化論、情報論等の科目を学び、2年次にはコースにかかわらず学科に共通する専門科目の学びが始まります。3年次からは自分が目指す分野のコースを選択し、所属するコースごとに専門性の高い科目群を体系的に学びます。食文化の研究と伝承、食育、食を通じた地域活性などについて学ぶコース、起業や飲食店経営を視野にメニュー開発、フードサービス店の企画・経営などを学ぶコース、フードコーディネーターなど食の演出までを含むフードデザインの力を身につけるコース、商品開発につながる食品の生産・加工、流通等の知識を深めるコース、そして調理・製菓のプロをめざして併設の香川調理製菓専門学校調理師科・製菓科で学ぶコースもあります。学びの集大成として、「食文化栄養学実習」は3年次後半から約1年半、フィールド学習を行い、食文化栄養学実習発表会においてその成果を発表します。

 
インタビュー
栗原 杏実さん

在学生 栗原 杏実さん(食文化栄養学科2年)

商品開発という目標に向けて、力をつけられる学科です。

料理やメニューづくりが好きで、商品開発の仕事に就くことが目標。食文化栄養学科で学びたいと思ったのは、高校3年の12月に参加した「食文化栄養学実習発表会」で、先輩方の専門的な発表に感動したから。食の仕事を網羅する実践的なカリキュラムも魅力的でした。「グラフィックデザイン実習」「映像表現法実習」などの表現系の実習や、「商品開発実習」「パッケージ論」といった商品開発系の授業は履修が楽しみです。両親からは栄養士の資格を取らないのと心配されましたが、ここなら幅広く学び力をつけられると実感しています。

橋本 莉奈さん

在学生 橋本 莉奈さん(食文化栄養学科4年)

メニュー開発や飲食店運営を、実際に経験しながら学べます。

高校まで美術部だったので、食品とデザイン系の両方を学べることに惹かれました。「パッケージ論」は、自分の想像したお菓子に機能性とデザイン性を兼ね備えた包装を考え、実際に製作まで行う授業です。その他にも、企業に商品案のプレゼンテーションを行う「外食メニュー開発実習」や、開発したメニューを学内で販売して飲食店運営を体験できる「営業調理実習」など、体験しながら学びを深めていくカリキュラムが充実しています。学生でありながら商品開発や店舗運営を経験できるのは、女子栄養大学ならではだと思います。

 
学べる学問
  • 栄養・食物学

 

女子栄養大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒350-0288 埼玉県坂戸市千代田3-9-21

TEL.049-282-7331  (入試広報課)  FAX.049-282-7361 

ホームページ http://www.eiyo.ac.jp/juken
ページの先頭へ

女子栄養大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで女子栄養大学の情報をチェック!