豊田工業大学 工学部の詳細情報

とよたこうぎょうだいがく

豊田工業大学

(私立大学/愛知県名古屋市天白区) >>お気に入りに追加する

工学部

「機械」「電子情報」「物質」3分野を全て学べるカリキュラム
日本の未来を担う技術者・研究者を育成

工学部の特長

学部・学科・コースについて

■3分野すべてを履修する先端ハイブリット工学

●機械システム分野
応用力学、流体力学、そしてメカトロニクスや加工プロセス工学、設計などの先端知識をもとに運動・熱・加工などがもたらすさまざまな現象の本質に迫り、独創的な機械システムを創り出すために必要な知識を学びます。

●電子情報分野
電子回路工学、ソフトウエア工学、制御工学、情報通信工学、半導体デバイス工学などを駆使して、電子・光子を操るデバイスの研究から、情報システムやネットワーク、ロボットの制御理論といった電子・情報・制御をキーワードとした先端領域に必要な知識を学びます。

●物質工学分野
量子力学、物性工学、高分子料学、無機材料科学、さらには先端のナノテクノロジーなどを駆使して、今後の時代が求める新しい物質や新エネルギーを創り出す研究を展開。物質の本質を極めるダイナミズムが魅力の分野です。

もっと見る

学べる内容

●ハイブリッド工学を学ぶ
工学の基幹学問であり、かつ相互に関係の深い「機械システム」「電子情報」「物質工学」を全て学ぶことが可能です。
工学の統合的理解を得ることで複眼的な発想力や課題解決力を養います。

●カリキュラム体系
1年次・2年次前期は専門分野を固定せず、広く3分野9工学基礎科目を体系的に履修。
2年次後期より「専門分野」を選択することで主専攻分野の専門性を深め、4年次より研究室で一人ひとりが課題・卒業研究に取り組みます。

●第2の専門「副専攻」の修了認定制度
主専攻分野を選択した2年次後期以降も、関連する他分野の講義を履修することで専門領域を多角的に理解するだけでなく、一定以上の他分野の単位修得をすることで「第2の専門分野(副専攻)」の修了認定を受けることも可能です。

●その他の特色
産業界との太いパイプをいかしたインターンシップや企業派遣講師による多数の講義・実習、また企業との共同研究など、4年間のカリキュラムそのものが将来のエンジニアとしてのキャリアプランを構築する仕組みとなっています。

もっと見る

卒業後、就職について

工学の幅広い知識と専門性を学んだ学生の就職決定率は100%

■就職決定率100%  (2021年度実績)

■第一志望の企業への就職率72%  (2021年度実績)

■就職先企業(2018~2021年度卒業生実績)
トヨタ自動車、豊田自動織機、デンソー、アイシン、トヨタ自動車東日本、SUBARU、マツダ、スズキ、日産自動車、IHI、ダイキン工業、ヤマハ発動機、マキタ、村田製作所、住友電気工業、SONY、三菱電機、日立製作所、日本電気(NEC)、キヤノン、二コン、京セラ、浜松ホトニクス、三菱マテリアル、資生堂、NTTドコモ、JR東海、日本エアコミューター、日本放送協会(NHK)、豊田通商、文部科学省、名古屋市役所、岐阜市役所 他

もっと見る

       

工学部の概要

工学部
  • 定員100名
  • 修業年数 4年
  • 募集共学
  • 学費98万4300円  [入学金、授業料、教育充実・環境整備費、保険料の合計]

※2022年4月入学者対象のものです。

工学部の学科・コース・専攻

  • 先端工学基礎学科 [分野:機械システム・電子情報・物質工学]

学べる学問

  • ・機械工学
  • ・情報工学
  • ・電気工学
  • ・電子工学
  • ・材料工学

目指せる職業

  • ・ロボット開発技術者
  • ・機械設計・技術者
  • ・メカトロニクスエンジニア
  • ・自動車セールスエンジニア
  • ・電子回路設計技術者
  • ・電気通信主任技術者
  • ・情報通信技術者

豊田工業大学の所在地/問い合わせ先

〒468-8511 愛知県名古屋市天白区久方2-12-1

TEL.052-809-1716 

豊田工業大学の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで豊田工業大学の情報をチェック!

SNS紹介