にっぽんたいいくだいがく

日本体育大学

(私立大学/東京都・神奈川県)

資料請求

願書請求

スポーツマネジメント学部

社会におけるスポーツの価値について学び、
スポーツ産業の発展と豊かなスポーツライフの実現に資する人材を育成する。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
スポーツマネジメント学部
この学部・学科の資料をもらう
 
スポーツマネジメント学部の学科・コース・専攻一覧
スポーツマネジメント学科
スポーツライフマネジメント学科
 
スポーツマネジメント学部の特長
学部・学科・コースについて

■スポーツマネジメント学科

1.スポーツマネジメントの理解
スポーツとマネジメントについての理解がスポーツマネジメントの学びの基礎であり、とりわけスポーツに対する幅広い知識と豊かな経験は、スポーツの発展を担ううえで欠かせないものとなります。スポーツ科学の理論科目と多様な実技科目によってスポーツについて深く学び、経営学の理論を取り入れた専門科目でマネジメントについて学ぶことで、学びの基礎を築きます。

2.多様なスポーツ産業の探究
成長産業として期待されているスポーツ産業の領域は多岐にわたっており、各領域で独自の知識や理論が求められます。スポーツクラブ、スポーツイベント、スポーツ施設、レジャースポーツなど、スポーツ産業の広がりを理解したうえで各領域のマネジメントについて学ぶことで、スポーツマネジメントの専門性を身につけ、新たなビジネスチャンスを見つけ出す能力を養います。

3.スポーツマネジメントの実践
スポーツマネジメントの現場で必要とされるのは、豊富な知識や理論を活用してさまざまな課題に対応できる実践力です。演習・実習科目においてスポーツビジネスの実践経験を積むことで仲間と協働し、自から課題を発見し、解決策を導き出す力を養います。将来の目指す姿を明確にするとともに、理論と実践の融合を図り、卒業後に即戦力として活躍する力を身につけます。

学部・学科・コースについて

■スポーツライフマネジメント学科

1.地域の健康増進を支援
生涯にわたり心身の健康を維持・増進する生活を、老若男女や障がいの有無を問わず、すべての人に提供するための知識と技術を身に付けます。さらに、健康スポーツを広める制度策定や環境づくりを促進し、健常者や障がい者、高齢者など、それぞれのライフステージに応じたスポーツを実社会で企画・指導できる能力を養います。

2.コミュニティの形成
地域社会においてスポーツが持つ公共性や求心力を最大化し、スポーツを核として地域住民が相互関係を築けるコミュニティの形成を推進できる能力を養います。高齢化社会を迎えた日本において、国が提唱する「総合型地域スポーツクラブ」など、スポーツを通して充実した第二の人生を送る場を支え、社会貢献を果たします。

3.健康スポーツを牽引
健康を目的としたスポーツに多くの人が親しめるよう、レクリエーション活動やリズム体操などライフステージに応じた運動を企画・実践するとともに、それを自ら牽引できるよう、さまざまなスポーツや運動の技量を高めます。こうした技能を持ってコミュニティに加わり、地域における生涯教育の指導者としての役割を果たします。

卒業後、就職について

■将来の進路

●スポーツマネジメント学科
スポーツ関連企業、プロスポーツ関係、スポーツ団体、スポーツ行政、各種スポーツクラブ、中学校・高等学校教諭(保健体育) など

●スポーツライフマネジメント学科
地域スポーツ指導者、中学校・高等学校教諭(保健体育)、社会教育主事、各種公務員、各種スポーツ団体、一般企業 など

入試について

■スポーツマネジメント学部 2019年度入試(募集人員)

○AO入試
 ・トップアスリート
  I期 スポーツマネジメント学科5名、スポーツライフマネジメント学科5名
  II期 スポーツマネジメント学科3名、スポーツライフマネジメント学科2名
  III期 スポーツマネジメント学科2名、スポーツライフマネジメント学科1名
 ・学科 スポーツマネジメント学科25名、スポーツライフマネジメント学科20名
 ・併設校 スポーツマネジメント学科5名、スポーツライフマネジメント学科5名
○推薦入試
 ・I期
  スポーツ推薦 スポーツマネジメント学科15名、スポーツライフマネジメント学科10名
  指定校推薦  スポーツマネジメント学科17名、スポーツライフマネジメント学科11名
 ・II期
  一般推薦 スポーツマネジメント学科10名、スポーツライフマネジメント学科6名
○一般入試前期
 ・全学統一日程 スポーツマネジメント学科20名、スポーツライフマネジメント学科15名
 ・学部個別日程A日程 スポーツマネジメント学科10名、スポーツライフマネジメント学科8名
 ・学部個別日程B日程(筆記型) 
  スポーツマネジメント学科10名、スポーツライフマネジメント学科8名
 ・学部個別日程B日程(筆記+実技型) 
  スポーツマネジメント学科3名、スポーツライフマネジメント学科3名
○一般入試後期
 ・A日程 スポーツマネジメント学科5名、スポーツライフマネジメント学科3名
 ・B日程 スポーツマネジメント学科5名、スポーツライフマネジメント学科3名
○センター利用入試
 ・前期 スポーツマネジメント学科5名、スポーツライフマネジメント学科5名
 ・後期 スポーツマネジメント学科5名、スポーツライフマネジメント学科5名
○その他(若干名)
 ・帰国生入試
 ・外国人留学生入試
 ・リカレント入試
 ・英語外部資格入試

 
インタビュー
大塚 輝

在学生 大塚 輝(スポーツマネジメント学科 2年)

スポーツを通して人のために働きたいその夢へ向かって授業や部活に全力投球

大学選びでは日体大にスポーツマネジメント学科ができると聞き、自分の夢の実現につながると考え進学を決めました。父の影響もあります。父は日体大の卒業生で、日体大の良さについて聞いたとき、真っ先に出たのが「つながりの強さ」でした。年代を問わず、仕事でもプライベートでもたくさんのつながりが持てるというのです。そのことは将来、スポーツを通して人のために働く際、とても大きな力になると感じました。
授業では、社会におけるスポーツの役割といった大きな視点から、スポーツ産業の構造と現状、さらには企業によるサービスのあり方まで体系的に学ぶことができ、自分が将来やりたいことが具体的に見えてきて、すごくワクワクしています。

石井 翔

在学生 石井 翔(スポーツライフマネジメント学科2年)

学校だけでなく地域においてもスポーツの素晴らしさを伝えていきたい

私が本学科を志望したのは、スポーツを社会全体でもっと盛り上げたい、そのためには各地域においてスポーツへの取り組みを充実させていかなければならない、その一端を自分も担いたいとの思いからでした。
スポーツに関するマネジメント論のほか公衆衛生や福祉など幅広い知識を修めるとともに、野外教育やレクリエーション、障がい者スポーツやまちづくりなど実践的な分野について学ぶことができます。その上で各種スポーツライフを理解し、生涯教育の一環として一般市民に向けたスポーツの普及・拡大や健康増進を図れる能力を養えるというところに大きな魅力を感じました。

 
学べる学問
  • 体育学
  • スポーツ学
  • 教員養成

 

目指せる職業
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 体育教師

資格

    ・中学校教諭       ・スポーツ指導員       ・レクリエーション指導員       ・障がい者スポーツ指導員       ・体育施設管理士       ・体育施設運営士

日本体育大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●横浜・健志台キャンパス

〒227-0033 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1221-1

TEL.045-963-7900 

ホームページ https://www.nittai.ac.jp
ページの先頭へ

日本体育大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで日本体育大学の情報をチェック!