日本体育大学 | 学部・学科・コース詳細(スポーツ国際学科) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
スポーツ文化学部 スポーツ国際学科

日本の精神文化に立脚したスポーツ指導を実践することで
国際的な舞台で活躍し、社会に貢献できる人材を目指す

  • ※2022年4月入学者対象のものです。
スポーツ国際学科
 
 
スポーツ国際学科の特長
学部・学科・コースについて

■スポーツ国際学科では、国際社会の中で日本の精神文化に立脚したスポーツ指導を実践し、スポーツを通した国際協力・国際交流・開発支援を促進するための知識や技術を養います。

■大学の機能として「教育」「研究」に加えて「社会貢献」が重要視されている時代の要請に応えるべく、次世代の日本を担うスポーツ人材を育成します。具体的には、国の内外を問わず、スポーツ活動を基盤として社会貢献を果たせる豊かな人間性、国際競技連盟やスポーツ関連企業で活躍できる実践能力、国内の自治体でスポーツを中核とした活動に従事できるスキルなどを獲得することが目標となります。

学べる内容

■スポーツ文化を考察する
基幹科目(理論)では、「スポーツは、世界共通の人類の文化である(スポーツ基本法・前文)」ことを前提に、人々の文化を相対的にとらえる視点や考え方、方法について学修。具体的には、「スポーツ国際概論」「スポーツフィールドワーク論」「アジアのスポーツ文化論」「欧米のスポーツ文化論」「ニュースポーツ論」などを履修します。

■知識を実践につなげる。海外実習も体験
基幹科目(実践)では、基幹科目(理論)で学んだ知識を実際に活用するためのトレーニングとして「スポーツフィールドワーク実習」「ニュースポーツ実技」を履修します。これら必修科目のほか、海外でのスポーツ支援を実地体験できる「スポーツ国際実習」「スポーツ国際支援実習」を学修します。

■学術的好奇心を広げる
展開科目(理論)では、基幹科目(理論)の学問的焦点を深めるとともに、その近接領域を拡大していきます。展開科目(実践)には、体を使って自己の内面を表現する技術や、海外で道具を一切使わずにスポーツを指導する技術の獲得、エスニックスポーツという概念に含まれるスポーツの体験など、好奇心を刺激する学びが設けられています。

卒業後、就職について

■将来の進路

中学校・高等学校教諭(保健体育)/青年海外協力隊/各種公務員/一般企業 ほか

目標資格

■取得可能な免許・資格

・中学校・高等学校教諭1種免許状(保健体育)

 
学べる学問
  • 体育学
  • スポーツ学
  • 教員養成

 

目指せる職業
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 体育教師
  • JICA
  • 開発コンサルタント
  • 国際協力実施各種団体
  • 各種公務員
  • NPO/NGO

資格
  • 中学校教諭免許状
  • ・高等学校教諭

    ■取得資格
    中学校・高等学校教諭1種免許状(保健体育)

日本体育大学の所在地/問い合わせ先

所在地

●東京・世田谷キャンパス

〒158-8508 東京都世田谷区深沢7-1-1

TEL.03-5706-0948  (広報課)  FAX.03-5706-0922 

ホームページ https://www.nittai.ac.jp
ページの先頭へ

日本体育大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで日本体育大学の情報をチェック!