宮城県 加美農業高校 | イノシシの町侵入を防ぐ柵設置に協力 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

宮城県 加美農業高校 生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

宮城県 加美農業高校 生徒のみなさん1
日本全国でイノシシやクマなど、鳥獣による農作物被害が拡大している。宮城県色麻町も例外ではなく、今年8月から、イノシシの町侵入を防ぐためのワイヤメッシュ柵設置作業を始めた。

柵は隣接する加美町から大衡村の境までの山間部側に張り巡らすもので、総延長は約41キロ。個人がそれぞれ設置しても他の地区に被害が移る「いたちごっこ」になるため、町全体で取り組むことにし、その手助けを行っているのが、色麻町の宮城県加美農業高校の生徒たちだ。

同校には広大な敷地があり、取り組みの要の地といえる。昨年は、生徒が育てたサツマイモなどの農作物がイノシシやクマによって多大な被害を受けた他、今年7月には同校近くでクマが目撃されるなど、柵設置は急を要するものとなっている。

生徒が担当するのは、およそ2キロの柵設置と隣接する地区の分の資材運搬などで、8月21日の作業には12人の3年生と教員、町職員が参加。事前に町職員からイノシシ侵入防止柵の設置講習会を受けた生徒たちは、手際よく支柱を打ち込み、縦1.2メートル、横2メートルのワイヤメッシュを針金で連結し、イノシシが下から侵入できないよう堅牢な柵作りに取り組んだ。

人手確保が難しいという町職員は「高校生のマンパワーは頼りになる」と話す。生徒たちは「獣害で困っている農家も多く、地域のために貢献したい」「町や地域住民の力になれるよう努め、秋の収穫前に終わらせることができれば」と力を込める。
(2020年9月掲載)
宮城県 加美農業高校 生徒のみなさん2宮城県 加美農業高校 生徒のみなさん3

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾